最近の100件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 

2019.02.26

久々にGitHubからソースをプルしようとしたらエラーが出た

久々にGitHubからソースをプルしようとしたら

SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert protocol version

というエラーが出た。

Git error:1407742E

によると
2017/2/22にTLS1が廃止になった事が原因で
Gitのバージョンが古いから新しくする必要があるようだ。

かげさんの場合、最新版にしたSourceTreeでGitを操作してる。
だから、SourceTreeからGitを更新する必要がある。

Sourcetree で github error:1407742E:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert protocol version

メニュー「ツール」-「オプション」で表示される画面の
Git タブで「Update Embedded」をクリックすると
内蔵Gitバージョンが、1.9.5→2.17.1になった。

これで問題なくプルできるようになった。


調べた時に下記の情報を見つけた。
SourceTreeの内臓Gitのバージョンを上げる時に失敗した時は
参考になるかもしれない。

■参考情報
SourceTreeの内臓Gitのバージョンが上がらなかった話

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.19

筋トレ×HIPHOPが最強のソリューションである 強く生きるための筋肉と音楽


https://amzn.to/2GvvjR6

kindle版 【音源無しバージョン】
https://amzn.to/2DLPOFp

去年の12月に出た本。
発売日直後辺りに購入して年末年始に読んでた。

この本を購入すると、
下の筋トレ向けHIPHOPアルバムのダウンロードカードも付いてくる。

※かげさんは、kindle版じゃない方を購入したので
 kindle版【音源無しバージョン】にダウンロードカードの部分も付いてるのかは不明。

この本に興味を持ったのは、
かげさんがtwitterでフォローしているTestosterone氏の
最新本だからだ。

Testosterone氏のツイートは、
元気、やる気が出る。

140文字の中で面白いオチもあったりするから
読んでて楽しい。

そんな人が書いた本が、どんなのか気になって購入したのだ。

Testosterone氏が、ラッパーの般若さんに伝えた言葉が
まえがきに書かれている。

筋トレする際に聞く、最強のヒップホップアフバムを作りたい。 筋トレとヒップホップで日本を変えたい。 ヒップホップは全国民に認知されるべき音楽です

その熱意から下記の3部構成のアルバムができた。
・トレーニング前
・トレーニング中
・トレーニング後

本の中身は、対談形式だ。

対談の参加者は
Testosterone氏、般若さんに加え、
楽曲に関わった人、アスリートの人たち。

歌詞に込められた意味、対談者たちの筋トレへの想いが
伝わってくる内容で、読み物としても面白い。

楽曲は、モチベーションが上がる歌詞が多く
やる気がでない時に聞いていると
「さぁ、頑張るか!」という気になってくる。

かげさんには、とても良い本だった。

1曲目「黙ってやれ」の公式PVを載せておく。。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.09

先日調べたことの覚書(tableタグのスタイルシート関連)

オシャレなTableデザインサンプル15点
https://cotodama.co/table-design/

スタイルシートのborder-collapse
http://www.htmq.com/style/border-collapse.shtml

【ブログの楽しみ方】今更きけないココログ-(3) カスタムCSSの使い方
http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/3-css-0d3c.html

ドコドア スタッフブログ HTML関連
https://docodoor.co.jp/staffblog/blog/html/

Chromeのキャッシュを「完全に」削除する方法、まとめ。
http://www-creators.com/archives/504
※スーパーリロードのショートカットキーは「Shift+F5」

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.03

2019年(平成31年)の恵方

前に書いた「恵方巻き、ちゃんと恵方を向いて食べる方法」を参考に
今年の恵方をチェック!

分かるサイトはココです。
2019年(平成31年)の恵方

今年もちゃんと恵方を向いて食べよう
ということで、恵方巻きを買ってくる!

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.02

_MSC_VERの話(2019年01月末時点)

Visual Studioのバージョン間の違いについて(2008 → 2012)
でチラッと書いたことがあるんだけど
初音ミク冒険記のソースコードには
下記のようなロジックがある。

#if 1900 > _MSC_VER && _MSC_VER >= 1700
#include "EffekseerForDXLib.h"
#else
#error VisualStudio(C++)2012,2013のみ対応しています。
#endif

_MSC_VERという定義済みプリプロセッサマクロは、
ビルドする時にVisualStudioのバージョンチェックをする時に使う。

Windows版最初の時の初音ミク冒険記のソースコードは、
VisualStudio 2008で作られているので
VisualStudio 2008以降の
バージョンや_MSC_VER関連をまとめてみた。

参考:_MSC_VERマクロの値 (Visual Studio 2017まで)

Visual Studioのバージョン 内部バージョン番号 _MSC_VERの値
Visual Studio 2008 9.0 1500
Visual Studio 2010 10.0 1600
Visual Studio 2012 11.0 1700
Visual Studio 2013 12.0 1800
Visual Studio 2015 14.0 1900
Visual Studio 2017 14.1 1910

なので

#if 1900 > _MSC_VER && _MSC_VER >= 1700
#include "EffekseerForDXLib.h"
#else
#error VisualStudio(C++)2012,2013のみ対応しています。
#endif

このコードはVisualStudio 2012,2013の場合のみ
EffekseerForDXLib.hがインクルードされる。

実は、このようなロジックが、
初音ミク冒険記のEffekseer関連のソースに多数ある。

このため、

#if 1900 > _MSC_VER && _MSC_VER >= 1700

#if MSC_VER >= 1900

にしようとしたら、該当箇所全部を直さないといけない。

まぁ、一括置換すれば良いという話もあるんだが
そもそもバージョンアップのたびに
複数箇所を修正するのはメンドイ。

修正漏れも出てきたりしそうだしね。

どのみち、今回は該当箇所を全部直す必要があるので
次のVisualStudioのバージョンアップの時は
修正箇所がヘッダファイルを1箇所修正するだけで良い形にしとこう。

今のところ、自作のロジックではEffekseer関連だけなので
ヘッダファイルでは、下記のようにしておく。

#if MAIN
	#if _MSC_VER >= 1900
		int isUseEffekseer = TRUE;
	#else
		int isUseEffekseer = FALSE;
	#endif
#else
	extern int isUseEffekseer;
#endif

そしてEffekseer関連のソースでは、下記のようにしておく。

	if(isUseEffekseer == FALSE){
		// 何もしないで終了
		return();
	}

こんな感じにしとけば、修正箇所が絞られて
あちこちに#ifdefを使わなくて済んでスッキリしそうだね。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.25

VisualStudio 2013→2017のバージョンアップに伴う問題の対応

かなり間が空いてしまったが、
Visual Studio 2017のインストール」をしたので
初音ミク冒険記のソースを
VisualStudio 2013→2017とバージョンアップする際に出た問題の
対応について書こうと思う。


■まずは、ソリューションファイルとプロジェクトファイルのバージョンアップ
VisualStudio 2017をインストールしたからと言って
既存のソリューションファイル.slnをダブルクリックしても
VisualStudio 2017は起動しない。

このことは、前に書いた記事
Visual Studio Version Selectorの話」の通り。

このため、VisualStudio 2017を起動してから
ソリューションファイルを開くことにする。

ここでバージョンアップに伴うコンバートが行われるんだけど
どうやら、ソリューションファイルに含まれるプロジェクトファイルは
コンバートされないようだ。

その証拠として、プロジェクトファイルを更新して閉じるても
既存のソリューションファイル.slnをダブルクリックして
起動するのは、VisualStudio 2013だった。

どうしたらソリューションファイルがコンバートされるのか?

ソリューションエクスプローラのツリーで
1番上にあるソリューションファイルを選択して
メニュー「ファイル」-「~.slnを保存」をし
ソリューションファイルを上書きすることでコンバートされる。

コンバートと言っても、差分比較をしたところ
ソリューションファイルのフォーマット自体は変わっていないようだ。
Visualstudio2017sln

VisualStudio Version Selectorが行う
バージョンチェック用の情報が書き換わっていて
ソリューションのGUIDが設定されただけみたい。

せっかくなのでプロジェクトファイルの差分も見てみる。
Visualstudio2017vcxproj

こちらも主な変更はバージョン番号関連だ。
WindowsTargetPlatformVersionというのが増えていて
どうやらこれは、プロジェクトのプロパティページを開いて確認したところ
「全般」にある「Windows SDK バージョン」に対応しているようだ。

選択肢としては、他に8.1があったので
Windows 8.1と10にしか対応してないんだろう。


■ビルドで __iob_func リンクエラー

Error LNK2019: unresolved external symbol ___iob_func referenced in function

見たことのないビルドエラーだったので調べてみたところ
___iob_func リンクエラー」という記事を見つけた。

どうやら、VisualStudio 2013以前と2015以降では
異なる定義となっていることが問題らしい。

VS2015より前のバージョンでは

#define stdin (&__iob_func()[0])
#define stdout (&__iob_func()[1])
#define stderr (&__iob_func()[2])

が定義されていて

VS2015では

#define stdin (__acrt_iob_func(0))
#define stdout (__acrt_iob_func(1))
#define stderr (__acrt_iob_func(2))

と定義が異なっているためのエラーのようです。

初音ミク冒険記では、DXライブラリを始め
Lua、EffekseerForDXLib、ssbplib、ADX2LEといったライブラリを使っている。

さすがに、
すべてのライブラリを VS2015以降 でリビルドというのは、面倒くさいし、
ADX2LEはDLLで提供されているから、そもそもリビルドできない。

このため、定義がないなら定義してしまえということで
下記の定義を行った。


// Visual Studio 2015以降のリンクエラー対策用コード
FILE _iob[] = { *stdin, *stdout, *stderr };

extern "C" FILE * __cdecl __iob_func(void)
{
return _iob;
}


■LNK2019 未解決の外部シンボル printfやscanf系
C++ 【解説】LNK2019 未解決の外部シンボル _sscanf が関数 xxx で参照されました
という記事を見ると
VisualStudio 2015から
関数の printf ファミリと scanf ファミリは、インラインで定義されているらしい。

このため、利用しているライブラリが2013以前でビルドされていると
これまで参照できていた関数がインライン化された事で
実体がなくなってしまったので発生するエラーのようだ。

追加の依存ファイルに「legacy_stdio_definitions.lib」を
追加することで対応した。


以上の対応を行うことで
初音ミク冒険記のVisualStudio 2017対応のビルドはできた。

ビルド後に出てきた問題対応は、また別の記事で。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.01.11

今更だけど「あけおめ、ことよろ2019」、そして★祝!ブログ開設14周年!★

あけましておめでとうございます

「あけおめ、ことよろ」のブログ記事を書き忘れた、かげさんです。

元旦恒例の初詣でのおみくじは大吉でした。

病気は「なおる 信心が第一」ということで
今年こそ元気になるのです!

正月は、親が初売りで買ってきたドローンで遊びました。

さて、今年も1月11日がやってまいりました!

111ということで、このブログは本日で14周年です

去年もそうでしたが
更新頻度が落ちているのは、大抵、
・体調が悪い
・やる気がガタ落ち
・記事を書くネタがない
って感じなので、ちょくちょく記事を投稿している時は
体調が良かったり、やる気がある方なわけでして
ある意味、ブログ記事の量が健康のバロメータみたいな感じになってます。

話が変わって、初音ミク冒険記の開発については
去年の1月11日と今日時点での、
Tracで管理しているチケット数は以下の通り。
 チケット総数 :532→537
 消化チケット数:370→372
 残チケット数 :162→165

全然開発してないから、大して変わりがないな・・・

今は、開発環境をVisual Studio 2013→2017にしてビルドし直したりしてます。

Effekseerのエフェクトの再生の動きが
ちょっと変わってしまい、その調査をしてるとこです。

ヒールとエアリアルステップの動きがなんかおかしい・・・

PS
かげさんと同じ1月11日にからブログを始めた
のっちさんの「西訪旅游 ~タイ ピピ島・クラビ・プーケット 諸々アジア旅のブログ~」も14周年です!

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.31

2018年大晦日

2018年大晦日です。

今年もいろんな人にこのブログを見てもらえたようです。
ありがとうございました!

今年もうつの症状が続き不調な期間が長かったなぁ。

来年こそ、しっかり回復しなきゃ!と思っています。

それでは、毎年恒例の1年分のアクセス解析っぽいことなどを書いてみます。

今年のブログ記事は、更新していない日が去年の356日→347日となり、
サボり日数、年々増加が止まりました!
(誤差かもしれん日数だがな!)

去年のアクセス数:263,248→今年のアクセス数:270,781
差が7533。
去年は13304だったので減ってますね。
アクセスカウンターを変えたからかもしれませんが
アクセス数を増やすには圧倒的に記事数が足りないw

もっともこのアクセス数、自分で見てる回数も含まれるんで
一部自作自演なんですがね(笑)

うつになると自信がなくなるから
過去に自分が書いた記事を読んで、
いついつよりは今の自分でも前進しているんだ!
と思うことで、自分の歩んだ道を見返してみたりするんで
そうなるんで・・・。

特に「初音ミク冒険記」の製作記事は
読み返すことが多いですねぇ。
作り始めた頃のこととか
ここ数年、えたーなってるなぁとか思いながら・・・(汗)

アクセス解析によるとアクセス数が多いページTOP20は、
「Windows」、「VisualStudio」、「開発ツール」などの記事が多いみたい。
この傾向は、去年と変わってないっぽいかな。

意外といまだにPSP版の初音ミク冒険記の記事の閲覧数が500以上と多いなぁ。

記事数が減っているのは、
体調不良、やる気が続いてないのが原因ですね・・・。

今年もWindows版の「初音ミク冒険記」本体を公開できなかったけど
一応、体調が良いときは、
エフェクトとかゲーム作りの情報収集はしています。

まぁ、細々とだけど「作ろうという気」は
まだあるようです(笑)

みなさん、2018年にこのブログにアクセスしてくれて
本当にありがとうございました!

みなさんも、来年も良い年になりますように!

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.10

NTFSフォーマットでデータを書き込んだHDDをFAT32に変換する

次の記事では、初音ミク冒険記を題材として
Visual Studio 2017でビルドした際に出たエラーに対処します。

と書いておきながら2ヶ月ブログの更新がなく
その上で別の記事を書いているかげさんです。



■この記事を角にあたっての背景

PS4で撮りためたスクリーンショットを
PCに持って来るにあたり
これまで使っていたUSBメモリよりサイズが大きいので
USBハードディスクを使おうとした。

しかし、うちにあるUSBのハードディスクは
ことごとくNTFS(Windows NT File System)でフォーマットしているため
PS4では認識しない。

USBのハードディスクにある既存データは失わずに
NTFS→FAT32にディスクフォーマットを変換したい


FAT32のハードディスクをNTFSにするのは、
コマンドラインでCONVERTコマンド一発で行けるんだが
逆を行おうとすると、
「NTFSドライブにCONVERTは使用できません」という
メッセージが表示されてしまう。

既存データを失っても良ければ、
FAT32でフォーマットすれば良いだけなんだが
既存データを活かしたまま変換したいのだ。

そこで「コマンドを利用しNTFSをFAT32に変換!」という記事に
書かれている「AOMEI Partition Assistant」という
フリーソフトを使って変換を行うことにした。

上記リンクはソフトの公式サイトっぽいので
ソコに書かれている手順に従い操作するだけで良い。

これで無事にPS4からスクリーンショットを吸い出せるぜぃ。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.14

Visual Studio 2017のインストール

以前、「Visual Studio Community 2013のインストール」という記事で紹介したように
かげさんの開発環境は、
現在、Visual Studio Community 2013になっている。

現状、EffekseerForDXLibやssbplibを改造したライブラリで
Visual Studio 2017を使っているようなので
開発環境をVisual Studio 2017にすることにした。

現状、初音ミク冒険記の開発に使っている環境は
Visual Studio Community 2013。

■関連記事
Visual Studio Community 2013のインストール

いきなりVisual Studio Community 2017を
インストールしても良いんだけど
Visual Studioを複数バージョン使う時は
古いのからインストールしていく必要がある

だから実際に使うかは分からないけど
先にVisual Studio Community 2015をインストールし
その後、Visual Studio Community 2017をインストールする方針とした。

なお、2015まではISO形式のインストーラがあるが
2017からはISO形式のインストーラがないので
この記事では、2015も2017もダウンロード形式での
インストール方法を説明する。

※インストール時に画面のハードコピーを撮っていたが
 全部は撮っていなかったのと、画像編集が面倒なので
 文字だけで説明する。(手抜きで申し訳ない)


■Visual Studio Community 2015のインストール
https://visualstudio.microsoft.com/ja/vs/older-downloads/
で「無料の Dev Essentials プログラム」に参加を選ぶ
「今すぐ参加またはアクセス」を選ぶ
マイクロソフトアカウントでログインする。

Visual Studio Dev Essentials へようこそ。
の画面が出たら「ダウンロード」タブを選ぶ。

「All」となっているコンボボックスを「Developer Tool」に変更し
隣のテキストボックスに「Visual Studio Community 2015」と入力する。

update_3が最新なのでそこの言語コンボボックスでJapaneseを選択して「Download」ボタンをクリックし
ファイルを保存する

ja_visual_studio_community_2015_with_update_3_x86_x64_web_installer_8922964.exe
(新しいとファイル名が違うかもしれません)を起動する

「標準」のままでインストールでも良いんだけど
一応、「カスタム」で「Visual C++」が入っていることを確認し
「インストール」ボタンをクリック。

※2013と異なり、最初から日本語指定しているので
 後からランゲージパックをインストールという手順はありません。

インストールが終わると
Visual Studio Community 2015を起動できるので
マイクロソフトアカウントでログインし
Visual Studio Community 2015が起動できるところまで確認する。


■Visual Studio Community 2017のインストール
https://visualstudio.microsoft.com/ja/dev-essentials/#dev-tools
「今すぐ参加またはアクセス」を選ぶ
マイクロソフトアカウントでログインする。

Visual Studio Dev Essentials へようこそ。
の画面が出たら「ダウンロード」タブを選ぶ。

初期表示されている「Visual Studio Community 2017」の言語コンボボックスでJapaneseを選択して「Download」ボタンをクリックし
ファイルを保存する

vs_community__1337585956.1534338216.exeを実行する

※Visual Studio Community 2017は、
 インストーラが2015とは異なり、
 ワークロードのチェックボックスを使って
 必要な最小構成でインストールすることができる

ここでは下記のものにチェックを付けた

Windowsカテゴリ
・.NET デスクトップ開発
(初音ミク冒険記の開発ツールはC#で作っているため)

・C++ によるデスクトップ開発
(初音ミク冒険記本体はVC++で作っているため)

他のツールセットカテゴリ
・Visual Studio 拡張機能の開発
(なんとなく)

これでダウンロードしながらインストールを選択して
インストールボタンをクリック。

インストール後は、再起動が必要という画面が出るので再起動する。


この記事はここまで
次の記事では、初音ミク冒険記を題材として
Visual Studio 2017でビルドした際に出たエラーに対処します。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

| | コメント (0) | トラックバック (0)