« エーブが主人公の話が半分を占める、狼と香辛料11巻 | トップページ | ポリ黒コミック »

設計思想書って、なんだろ?

@ITの記事に
“設計思想書”で開発の効率と質を高めよう
というのが載っていた。

かげさんにとっては「設計思想書」ってものは
「見慣れないドキュメント名」である。

興味が湧いたので記事を読んでみた。

要約によるとと

システム開発を効率化するために、過去に開発した資産の“流用”がよく行われている。エクスプレス開発の場合、最初から“再利用”を前提に開発を行い、その“開発思想”を記録として残すことで、より積極的に既存資産を活用する。

と言うことらしい。

ふむ、やりたいことのイメージは浮かんだが
具体的にどんなものなのか想像できない・・・

「汎用的な部分」と「そのシステム独自、または特殊な部分」が
明確に分かるように記すようなんだけど
2ページ目の具体例を見るまで、ピンとこなかった。

例で上がっている物流システムだと
ほぅ!って感じがした。

ただ、やった方が良いのは分かるんだけど
実際問題、時間に終われるプロジェクトをやっていると
とてもじゃないけど、必要なはずのドキュメントさえ
作る時間を取れないこともあるだけに
そうとう心に余裕があるか、
「将来、楽するために今頑張る」という心構えがないと
実現しづらいようにも思えた。

なんせ、SEってヤツは「ドキュメントを作るのが苦手」という
定説があるくらい上手くドキュメントを作るのは難しい。

でも、きちんとドキュメントを作っておかないと
後で苦労するのは自分なんだよなぁ。

なんとか、こういう手法とかを取り入れてみたいものだ。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

|

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバァ~ック!


★アディダスやニューバランス関連のトラックバックスパムが多すぎて★
★超迷惑なので、トラックバックは承認制としました。★
★このため、トラックバックが記事に表示されるまで
★時間がかかることがあります★

この記事にトラバ~る為のURL:

この記事へのトラックバックの一覧です: 設計思想書って、なんだろ?:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。URLも記入すれば、URLのみが公開されます。メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

メールアドレスは書きたくないって人は、掲示板に書き込むって方法もあります。掲示板はメールアドレスなしでもOKです!

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。


絵文字を挿入