かげさんの111から始まるHistory » パソコン・インターネット » クラウド化の第1歩、データをクラウド化するDropBox

« ちょっとお得な?部屋掃除 | トップページ | 2011年、春の情報処理技術者試験の申込 »

クラウド化の第1歩、データをクラウド化するDropBox

クラウド・コンピューティングに関する本で
かげさんは、「クラウドHACKS!」という本を読んだ。

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル

なお、クラウド・コンピューティングが分からない人は
@ITにある「5分でわかるクラウド・コンピューティング」という記事を読むと
分かりやすいと思う。

さて、この本の最初に書かれている
データをクラウド化する「DropBox」についてだが
複数マシンでデータの同期を取るときに便利なものだ。

例えば、パソコンとiPhone(かげさんは持っていないけど)で
同じデータを保持する時に便利だったりする。

他にも家のパソコンと会社のパソコンのデータの同期を取るとかでも使える。
(情報セキュリティが厳しい、今時だと少ないかもしれないけど)

ちなみにかげさんは、
仕事で使う自作の便利ツールのソースや実行ファイルを圧縮したものを
googleグループのファイル管理でアップロードして
家のパソコンと職場のパソコン間でやりとりしたことがある。
(情報セキュリティが厳しい関係でUSBメモリとかでやりとりできないため)

でも、このやり方だと、
・最新版をアップロードし忘れた
といった事態が往々にしてあるわけだ。

このDropBoxだと、そのあたりは自動でやってくれるのでとても便利だ。
googleグループも無料で、DropBoxも無料なので追加費用はかからない。
実は、googleグループでは2010/1/13よりファイルがアップロードできなくなっている。

過去にアップロードしていたファイルは使えるのだが
アップロード機能は使えなくなってしまったのだ。

そこで目をつけたのがDropBoxだ。

アメリカのサービスなので日本語版は存在しないが
2GBまで自由に使える。
なお、有料版1ヶ月9.99ドルで50GB、1ヶ月19.99ドルで100GBまで使えるらしい。

使用する際は、専用のクライアントソフトをインストールする必要がある。
前述の本には、インストール方法などの詳細は存在しないが
DropBoxマニア
というサイトに詳しく載っている。

なお、サイトの情報はちょっと古い。
ただ、サイトの構成が分かりやすいし
使用上の注意とかも載っているので参考にすると良いと思う。

違いは、有償版のディスク容量と
セットアップの最後に表示される
Typical(標準)とAdvanced(使用するフォルダなどの指定が可能)があるが
まぁ、使ったことがないのでTypicalにしておくか。

その後は、ひたすらNEXTで良い感じ。
DropBoxマニアで説明されている使い方が
英語でセットアップ中に5ページほど表示されているようだ。

ちなみにダウンロードサイズは14M(2010/1/17現在)ほど。

使ってみた感想は、近いうちに投稿することにする。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

|

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバァ~ック!


★アディダスやニューバランス関連のトラックバックスパムが多すぎて★
★超迷惑なので、トラックバックは承認制としました。★
★このため、トラックバックが記事に表示されるまで
★時間がかかることがあります★

この記事にトラバ~る為のURL:

この記事へのトラックバックの一覧です: クラウド化の第1歩、データをクラウド化するDropBox:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。URLも記入すれば、URLのみが公開されます。メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

メールアドレスは書きたくないって人は、掲示板に書き込むって方法もあります。掲示板はメールアドレスなしでもOKです!

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。


絵文字を挿入