かげさんの111から始まるHistory » パソコン・インターネット, 初音ミク冒険記 » 透過PNG対応の画像連結ソフト「むすびちゃん」

« Windowsゲーム「初音ミク冒険記」、ボカロタウン重要シーンの前にソース整理 | トップページ | ワイヤレスキーボードとマウス »

透過PNG対応の画像連結ソフト「むすびちゃん」

初音ミク冒険記では
DXライブラリの画像読み込み関数
LoadDivGraphやDerivationGraphを使っている。

初音ミク冒険記で宝箱を開けるアニメーションで
LoadDivGraphの使用例を示す。
Takarabako

こんな風に同じ画像サイズのものが連続している時に

int GrHandle[5] ;
LoadDivGraph( "takarabako.png" , 5, 5, 1 , 64 , 64 , GrHandle ) ;
のようにして使う。

第1引数:画像ファイル名
第2引数:画像総数
第3引数:画像が横何列に並んでいるか
第4引数:画像が縦何列に並んでいるか
第5引数:1つの画像の横幅
第6引数:1つの画像の縦幅
第7引数:グラフィックハンドルの配列の先頭アドレス

と例を示したものの実際の初音ミク冒険記では
宝箱画像はこういう1枚の画像にまとめて格納している
Takarabakocoinnote_2

この画像をLoadGraphで読み込んだ後

// 宝箱(64x64x5)
for(idx = 0; idx < 5; idx++){
imgTakarabako[idx] = DerivationGraph(64 * idx, 0, 64, 64, imgTakarabakoCoinNote);
if( imgTakarabako[idx] == -1 ){
printfDx("DerivationGraph 11 -1 [%s]\n", pngFileName);
AppLogAdd("DerivationGraph 11 -1 [%s]\n", pngFileName);
return(-8);
}
}

としてDerivationGraphを使い分割して格納しているのだ。

宝箱だと少しずつ開く5枚の透過PNGを用意して
1枚絵にまとめている。

この1枚の絵にまとめる作業をする時に便利なのが
この記事のタイトル「むすびちゃん」というソフトだ。

実は、かげさんも画像連結ソフトはいくつか持っているのだが
透過PNGの連結に対応していないものばかりだったで
Pixiaというソフトでいくつかの手順を踏んで結合していた。
(Gimpでも出来ないことはないのだが、透過PNGの場合、
 位置合わせが面倒なのだ)

ただ、このPixiaというソフトを使うと
連結した画像を格納する際
透明色を示す水色の背景部分にアンチエイリアスがかかり
画像のフチに水色のゴミドットが残ってしまう。

このため、画像を作ったら1ドット1ドットそのゴミの部分を
修正する地味な作業が必要だった。

そこで「むすびちゃん」が登場する。
このソフト、フリーソフトなんだけど
この手の作業をサクッとやってくれる専用ソフトなのだ。

透過PNG対応の画像連結ソフト「むすびちゃん」

画面を見てもらうとわかるけど
使い方も簡単
Musubichan

なかなか便利である。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

|

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバァ~ック!


★アディダスやニューバランス関連のトラックバックスパムが多すぎて★
★超迷惑なので、トラックバックは承認制としました。★
★このため、トラックバックが記事に表示されるまで
★時間がかかることがあります★

この記事にトラバ~る為のURL:

この記事へのトラックバックの一覧です: 透過PNG対応の画像連結ソフト「むすびちゃん」:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。URLも記入すれば、URLのみが公開されます。メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

メールアドレスは書きたくないって人は、掲示板に書き込むって方法もあります。掲示板はメールアドレスなしでもOKです!

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。


絵文字を挿入