かげさんの111から始まるHistory » 初音ミク冒険記 » 開発ツールで使う共通クラスを作ってみた

« 今更だけど、Cppcheckを使って初音ミク冒険記のソースを静的テストしてみた | トップページ | 専用の公開支援ツールを作ってみた »

開発ツールで使う共通クラスを作ってみた

今のところ、初音ミク冒険記の本体以外のツールは
セーブデータコンバーターを除き、C#で作っている。

これは単純にVC++よりも画面や文字列操作が簡単だからだ。
全角半角変換などの文字列操作はVB.NETの方がより簡単なので
C#からVB.NETの関数を使えるようにしていたりもする。

いくつかのツールを作ると
必然的に共通部分も出てくるわけで
共通ソースを作ることにした。

共通化しやすい部分は
マップクリエーターに含まれるベースマップクリエーターにあるので
そこで関数化していたものを
共通ソースに持っていく。

基本的に共通ソースと言っても
Windows Formである。

現状、C#で作るツールで画面が存在しないものは無いので
もともとWindows Formの中にソースを書いているから
共通のWindows Formを作って
全画面を共通Windows Formの子フォームとして継承してやる。

いわゆる「メソッドの引き上げ」と呼ばれるリファクタリングをするって作戦。

と言ってもC#2008のExpress Editionだとリファクタメニューから
メソッドの抽出はできても、メソッドの引き上げはできないんだよねぇ。coldsweats01

そして他のツールのソリューションファイルからも
共通Windows Formを参照できるようにするため
namespaceはリファクタメニューの名前の変更で
BoukenkiToolに変更してやる。

後は、共通で使えそうなプロパティやら定数定義をしておいたので
今後のツール開発は、スッキリしたソースでやれると思う。happy01

もっとも、ツールで複雑なロジックになっているのは
マップクリエーターくらいなんだけどね。

にしても、改めて思うけど
C#で作った開発ツールで、VC++やluaのソースを自動生成するとか
マルチ言語なゲーム開発をすることになったもんだなぁcoldsweats01

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

|

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバァ~ック!


★アディダスやニューバランス関連のトラックバックスパムが多すぎて★
★超迷惑なので、トラックバックは承認制としました。★
★このため、トラックバックが記事に表示されるまで
★時間がかかることがあります★

この記事にトラバ~る為のURL:

この記事へのトラックバックの一覧です: 開発ツールで使う共通クラスを作ってみた:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。URLも記入すれば、URLのみが公開されます。メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

メールアドレスは書きたくないって人は、掲示板に書き込むって方法もあります。掲示板はメールアドレスなしでもOKです!

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。


絵文字を挿入