かげさんの111から始まるHistory » 初音ミク冒険記 » 「初音ミク冒険記 デバッグヘルパー」 2014/12/30版公開

« 「初音ミク冒険記 サウンドツール」 2014/12/30版公開 | トップページ | 2014年、大晦日 »

「初音ミク冒険記 デバッグヘルパー」 2014/12/30版公開

「初音ミク冒険記 デバッグヘルパー」の
2014/12/30版を公開します。

Debughelper

このツールは、初音ミク冒険記のデバッグ補助ツールです。

「デバッグファイル設定」ツールと違って、
DEBUG_DATA\DebugMain.datの編集はしないで
デバッグ効率を上げようってツールになります。

ただし、DEBUG_DATA\DebugMain.datの編集はしないものの
セーブデータコメント機能は、
DEBUG_DATA\DebugMain.datが未設定だと使えません。

デバッグヘルパーを使うには以下のものが必要になります。
・初音ミク冒険記 実行モジュール(最新バージョンのもの)
・初音ミク冒険記 デバッグファイル一式(最新バージョンのもの)
・初音ミク冒険記 デバッグヘルパー(このツール)
・common.settingファイル

実行モジュール、デバッグファイル一式をダウンロードしていない人は、
コチラから事前にダウンロードしておいて下さい。

今回紹介のツールも上記のリンクからダウンロードできます。
ダウンロードサイトのHTMLがしょぼくて、かげさんも気になっているのですが
これもそのうち何とかしたいと思います。

さて、common.settingファイルですが、こちらは
初音ミク冒険記の開発ツールを使う準備」の
記事を参考に準備して下さい。

肝心の「デバッグヘルパー」ですが
ソースとツールを同時に配布しているので以下のようなフォルダ構成になっています。
ToolCom
DebugHelper
└DebugHelper
 ├bin
 │├Debug
 │└Release
 ├obj
 │ このフォルダの下にもフォルダがありますが使わないので省略
 └Properties

ToolComフォルダは、初音ミク冒険記の開発ツールが共通で参照するフォルダです。
具体的には、共通クラスが格納されています。
実行時には使っていません。

DebugHelperフォルダには、このツールの
ソリューションファイル等が格納されています。
なお、ソリューションファイルは、
Visual Studio 2008 Visual C#のものです。
2010や2012、2013でも使えると思います。

DebugHelper\DebugHelperフォルダには
「デバッグヘルパー」のC#のソースなどが格納されています。

実際のツール「DebugHelper.exe」があるのは
DebugHelper\DebugHelper\bin\Debugフォルダです。
このフォルダに前述のcommon.settingファイルをコピーします。

ツールの起動は「DebugHelper.exe」を
エクスプローラからダブルクリックするだけです。

起動しない場合、.NET Framework 3.5 SP1がインストールされていない可能性があります。
基本的にWindows 7以降には、標準でインストールされていたはずです。
Vistaもサービスパック2が適用されていれば、インストールされていたはずですが
起動しない場合、こちらからダウンロードして下さい。
http://www.microsoft.com/ja-jp/net/netfx35/download.aspx

起動すると以下の様な画面が表示されます。
Debughelper01

なお、このツールは、
初音ミク冒険記本体も起動した状態でないと役に立ちません。
初音ミク冒険記本体を起動して使ってください。

下の方にキャンプメニューやシステムメニューとか
明らかに作りかけのボタンがあるけど、
実は、全部まともに動かない(笑)
将来的には、キャンプメニューやシステムメニューのボタンから
直接メニューに移動できるようにしたいとは思っているんだけどね。

今、この画面で使えるのは、上のグループボックスだけ。

初音ミク冒険記本体を起動した状態で
移動先ステージ、移動先マップ、マップへの進入番号を入力して
「マップ移動」ボタンを押すと
初音ミク冒険記本体が、指定したマップに即時に切り替わり
すぐに初音ミク冒険記を操作できる状態になります。

主にマップ全体に関わるテストをする時に
イベントをこなさないと先のマップに進めないのだと
毎回、通しプレイが必要になって時間がかかることへの対応だったりする。

「初音ミク冒険記 デバッグファイル設定」の画面にある
「ミクより手前のイベントを実行しない」のチェックを付けている状態だと
一部のマップ以外は、マップ間移動を伴う確認がしやすくなる。

もう一つ、このツールで重要なのがセーブデータコメント機能です。

セーブデータコメント機能の動作を確認するには、
DEBUG_DATA\DebugMain.datの1行目と2行目の先頭に300以上の数字が
設定されているのが望ましいです。

「デバッグファイル設定」ツールで
「ウィンドウサイズの増加幅」を変更してから
初音ミク冒険記を起動すると、設定が反映され下図のように
初音ミク冒険記の画面が広くなり黒い部分が表示されます。

Savedatacomment

ここで初音ミク冒険記でシステムメニューから
「セーブ」や「ロード」を選択し
かげさんがセーブデータダイアログと呼んでいる画面を出します。
(上図のセーブデータの選択ができる画面のことです)

セーブデータダイアログ画面上でマウスで右クリックすると
「セーブデータのコメントを編集」というポップアップメニューが表示されるので
それを選ぶことで「セーブデータコメント編集」画面が表示されます。

ここで何か入力して「保存」ボタンを押すと、
現在選択中のセーブデータにコメントが付けられ
画面の黒い部分に入力したコメントが表示されます。

初音ミク冒険記では、セーブした時にセーブした場所が分かる
アイコン画像を作っていますが、セーブデータが120個もあると、
同じセーブした場所でもイベントフラグの状況が違うので、
セーブデータをロードするときに
間違ったものをロードすることがあるので
それを減らすためにコメントを付けられるようにしました。

「セーブデータのコメントを編集」画面の「削除」ボタンは、
付けたコメントを削除するためのものです。

このツールの作成に関連する記事
好きなマップに移動できるツールを作ってみた

ということで開発ツールの公開第3弾
「初音ミク冒険記 デバッグヘルパー」の説明でした。

第4弾の「初音ミク冒険記 マップクリエーター」と
第5弾の「線マップエディタ」は、年明けの
船さんから提案のあった気球に相当する移動手段の仮実装の後に
公開することにします。

たぶん、その方が仮実装をお試しする人が楽しいと思うので。

面白かったら押すべし。→ へぇ~
ランキング [] [] [] [] [] [↑50] [かげさんの111から始まるHistory内]

|

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバァ~ック!


★アディダスやニューバランス関連のトラックバックスパムが多すぎて★
★超迷惑なので、トラックバックは承認制としました。★
★このため、トラックバックが記事に表示されるまで
★時間がかかることがあります★

この記事にトラバ~る為のURL:

この記事へのトラックバックの一覧です: 「初音ミク冒険記 デバッグヘルパー」 2014/12/30版公開:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。URLも記入すれば、URLのみが公開されます。メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

メールアドレスは書きたくないって人は、掲示板に書き込むって方法もあります。掲示板はメールアドレスなしでもOKです!

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。


絵文字を挿入