最近の100件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 

2022.08.18

外付けHDDが2台認識されなかったけど無事だった!

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

げ! 外付けHDDが2台認識されないんだけど!」でいろいろとピンチだった。

調べてみたところ、どうやら問題なのは HDD ではなく、USB 3.0 のハブだったようだ。

USBハブを使うのをやめて、PC に直刺しにしたところ、デバイスマネージャでどちらの HDD も認識された。

ただ、ドライバが見つからない状態となっていたため、ドライバの更新を行ったところ、無事に HDD のドライブも表示されファイルも参照できた。

USB ハブの電源関連は認識されていて、LEDライトとかも光るし、HDD をつなげていたときも 電源は入ったところを見ると、ハブの USB ケーブルがおかしいかったっぽい。

とりあえず、HDD が無事で良かったよ。

ふぅ…

ここまではOKだ

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.17

げ! 外付けHDDが2台認識されないんだけど!

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

いろいろとピンチです!

主に2つの外付けHDDを使っているかげさんですが、その外付けHDDが認識されなくなっている!?

特にポータブルHDDを認識しないのがヤバい。

ポータブルHDDには、ブログ記事のストックが入っているんですが…(´・ω・`)

良い子のみんなは、こうならないようにバックアップを取っておこうね!

さて、どうしてくれよう…

ここまではOKだ

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.15

あれ? Nreal Streaming Box につないだ Nreal Air に PC がつながらない

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

先日購入した Nreal Streaming Box をつなごうとしているんだけど繋がらない…

なんか設定間違ったかな?

これは、こういうことがあったらここを調べようという記事を書くチャーンス!

調べてみよう。

ここまではOKだ



最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。


Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.14

RGBCameraRecord で指定できるオプションを調べてみた

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

NRSDK 1.9.3 で実行中プログラムの見た目を録画ができた! ユニティちゃんが動いてます!(まとめ)」に書いたように Nreal グラス(Nreal Light、Nreal Air)で視界の動画を撮影することができました。

かげさんが作った検証用のプログラムは NRSDK のデモである RGBCameraRecord を参考にして作成しました。

このデモを参考にして録画する時は、録画オプションを指定できます。

この記事では、録画オプションについて調べたことを紹介しますね。

Nrealvideorecordoption

オプションはコンボボックスが3つとチェックボックスが1つで指定します。

上の図は、3つのコンボボックスを全部開いた状態にしたものです。

コンボボックスは左から「解像度」、「録画対象」、「録音対象」となっています。

コンボボックスに隠れているチェックボックスは「useGreenBackGround」です。

解像度について

検証前、一番左は録画品質かなと思ったのですが、実際に録画して確認したところ解像度でした。

解像度コンボボックスの選択による動画録画の影響は下記の通り

コンボボックスの内容 解像度 備考
High 1920 x 1080 標準解像度の1.5倍(フルHD)だが、動作しない
Middle 1280 x 720 標準解像度
Low 640 x 360 標準解像度の半分

正常動作するのは、Middle と Lowで、High は正常動作しない。

High を選択して録画すると、Nreal グラスに何も映らなくなり、スマホでホームボタンを押してもアプリケーションの終了ができない状態になる。

動作しないのになぜ High の解像度が分かったかというと NRSDK のソースを確認したからです。

ヒントになったのは、Middle で 1280 x 720 、Low で 640 x 360 の動画が撮れたことだ。

動画の解像度自体は、VLC Media Player でスクリーンショットを撮って確認した。

この解像度を参考にして NRSDK 内のソースを見てみた。

具体的には、Unity プロジェクトの NRSDK のフォルダのサブフォルダを含めて拡張子 .cs (C#の拡張子)で検索をかけたところ、Assets\NRSDK\Scripts\Capture\NRVideoCapture.cs にあるメソッド SupportedResolutions に 1280 x 720 を標準解像度として、High だと x 3 ÷ 2 つまり、解像度を 1.5 倍にする計算処理があった。( x 1.5 としていないのは、計算結果が浮動小数点型にならないよう整数型を維持させるためだと思う。)

同じメソッド内には、Low だと ÷ 2 つまり、解像度半分にする計算処理があった。

このことから、標準解像度の 1.5 倍のフルHDサイズ(1920 x 1080)が High の解像度と判断した。

で、なぜ High だと動作しないかだが、これはおそらく Nreal Light の RGB カメラの解像度が 1280 x 720 なので、そこまでしか対応できないからじゃないかと思う。
 
こう考えると辻褄が合うんだよねぇ。

録画対象について

続いて録画対象だ。

こちらはコンボボックスの内容を見て想像した通りで下記のようになっていた。

コンボボックスの内容 動作
Blend

RGBカメラで撮影した内容 + プログラムで処理した CG(CG 部分は加算ブレンド)を表示

RGBOnly RGBカメラで撮影した内容のみ表示
VirtualOnly プログラムで処理した CG のみ表示

プログラムで処理した CG を「Virtual(仮想)」と呼んでいるようだ。

MR(Mixed Reality:複合現実)は、AR(Augmented Reality:拡張現実)を発展させたもの何だし、VR(Virtual Reality:仮想現実)みたいな 「Virtual(仮想)」じゃなくても良いんじゃないかと思うんだが…

加算ブレンドとは、真っ黒(R;0、G:0、B:0)を透明として扱い、画像を重ねて表示する方法だ。

Unity 上で背景黒の部分が、透明扱いになって透明になった部分は、背景である RGB カメラで撮影した映像が映ることになる。

なお、撮影された動画では、プログラムで処理された CG の真っ黒以外が半透明ではない状態で撮影されるが、実際に Nreal グラス越しに見えているのは、CG 部分は背景の明るさによっては半透明に見える。

また、Nreal グラスは、サングラス型なこともあり実際に見えている風景は、撮影された風景より暗く見えている。

つまり、実際に Nreal グラス越しに見えているモノと撮影されたモノは、完全一致した状態ではない。

Nreal グラス越しに見えているように見せかけた映像になっているということだ。

実際に使ってみた印象では録画対象で RGBOnly を使うことは無いんじゃないかと思った。

録音対象について

続いて録音対象だ。

こちらはコンボボックスの選択肢が全部は見えていないのでソースを見て補って書いた。

コンボボックスで Application までしか見えていない2つは Assets\NRSDK\Scripts\Capture\NRVideoCapture.cs にある AudioState の enum から ApplicationAudio と ApplicationAndMicAudio だと思われる。

また、この記事を書いた段階では自作アプリでサウンド処理を一切書いていないため、実際の動作確認は不十分である。

コンボボックスの内容 動作
MicAudio Nreal グラスのマイクから録音
ApplicationAudio アプリケーションで鳴らす音を録音
ApplicationAndMicAudio アプリケーションで鳴らす音を録音 + Nreal グラスのマイクから録音

動作確認は、サウンド処理を実装してからになるので後日書きます。

グリーンバック使用について

「useGreenBackGround」は、文字通り、プログラムで処理するCGで透過する背景部分を「緑の背景」で塗りつぶすものだ。

Greenback

用途としては、これと別の動画をブレンド表示するとかで使うんだと思う。

 

結局、画質を上げるオプションは無かったので、画質は、Nreal Light より Nreal Air が上みたい。

ここまではOKだ



最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。


Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.13

接続されている Nreal グラスが Nreal Light か Nreal Air かを判定する

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

夏休みに入ってから Nreal グラス(Nreal Light、Nreal Air)関連のまとめ記事を投稿してました。

書く時間とかの都合で分割して書いた記事を自分で読み直したり、記事同士をリンクするときにまとまっていた方が良いと思ったので。

ついでにカテゴリが Nreal の記事を全体的に見直し、後から分かったことを追記したりもしました。

そして「NRSDK 1.9.3 で実行中プログラムの見た目を録画ができた! ユニティちゃんが動いてます!(まとめ)」で関連記事をまとめていた時に思ったのです。

動画ファイルのファイル名で Nreal Light、Nreal Air のどちらで撮影したか分かるようにしたいなと。

記事内はともかく、情報ソースとなる動画ファイルはエクスプローラだと、どちらで撮影したかファイルを開いて確認するまで分からなかったから。

実家には Unity 環境がなくてビルドできないから実行確認はできてないけど、こんな感じにすればイケるんじゃないかと。

        public string VideoSavePath
{
get
{
string timeStamp = Time.time.ToString().Replace(".", "").Replace(":", "");
string filename = string.Format("Nreal_Record_{0}.mp4", timeStamp);
if (NRDevice.Subsystem.GetDeviceType() == NRDeviceType.NrealLight){
filename = string.Format("Nreal_Light_Record_{0}.mp4", timeStamp);
}
if (NRDevice.Subsystem.GetDeviceType() == NRDeviceType.NrealAir){
filename = string.Format("Nreal_Air_Record_{0}.mp4", timeStamp);
}
return Path.Combine("/sdcard/Movies", filename);
}
}

NRDevice.Subsystem.GetDeviceType() でデバイスタイプとして、NRDeviceType.NrealLight か NRDeviceType.NrealAir が返ってきます。

動作確認は、自宅に戻ってからしようと思います。

ここまではOKだ



最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。


Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.12

NRSDK 1.9.3 で実行中プログラムの見た目を録画ができた! ユニティちゃんが動いてます!(まとめ)

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

中々うまく動かなかった Nreal Light で実行中のプログラムの録画ができました!

結論から言うと、NRSDK 1.9.3 にしたらできたので NRSDK 側の問題であったっぽい。

NRSDK 1.80、1.9.1 でビルドすると、キャプチャした動画ファイルが 0 バイトで出力されて長いこと困っていました。

NRSDK 1.9.1 と 1.9.3 の比較」記事を書くためにNRSDKのソースを調べていたところ、動画キャプチャに関する修正が入っているのを発見。

NRSDK 1.9.3 でビルドしたところ録画できるようになりました。

 

この記事は、NRSDK の動画キャプチャ関連記事をまとめたものになります。

関連記事は、ちょっとずつ書いていたので4つの記事に分割されていました。

うまく動かん!という記事も複数書いていました。

そこで、うまくいった手順の記事へリンクしようと思ったんだけど、関連する全記事にリンクを張るより、まとめた1記事にリンクを張りたかったのよね(;^_^A

ようやく録画できた

なお、録画ができるようにはなったものの動きは不安定である。

不安定なのは録画機能だけじゃなく、通常の動きも何か怪しげ…

表示位置がちょっとずつズレていくのよね…

もしかしたら長い時間の録画が失敗するのかもしれないが、なーんか動きが不安定なのだ。

まぁ、何にせよ、録画が動くようになったから、今後はこんなのを作っているよ、という記事を書きやすくなると思う。

NRSDK の RGBCameraRecord というサンプルを少し変更して録画しています。

Nreal グラスの動画キャプチャサンプルを変更

1.シーン「Assets/NRSDK/Demos/RGBCamera-Record」を開く。

動かすと NReal のロゴがクルクル回転している後ろで動画が再生されて、手前に録画操作をするパネルがある感じです。

2.本来は、これをビルドして実行すると動作を確認できるのですが、スクリプトの動画出力先を修正します。

修正対象のスクリプトの場所「Assets/NRSDK/Demos/Record/VideoCapture2LocalExsample」を開く。

        public string VideoSavePath
{
get
{
string timeStamp = Time.time.ToString().Replace(".", "").Replace(":", "");
string filename = string.Format("Nreal_Record_{0}.mp4", timeStamp);
return Path.Combine(Application.persistentDataPath, filename);
}
}

7行目:returnの行を下記のように変更します。

                return Path.Combine("/sdcard/Movies", filename);

ここでいう /sdcard は、Files アプリでいうところの「 SD カード」ではなく「内部ストレージ」のことです。つまり、/sdcard/Movies は、内部ストレージ直下にある Movies ディレクトリで、ここに録画したファイルが保存されます。

変更前の Application.persistentDataPath だと Android 環境では永続的なデータディレクトリのパスとして、 /storage/emulated/0/Android/data/<packagename>/files となるんですが、ファイルを探しづらいので、階層が浅い「内部ストレージのMovies」に録画ファイルが保存されるようにしています。(内部ストレージには最初から Movies ディレクトリがあるので)

3.メニュー「NRSDK」-「InitVideoPlayerDemoEnv」を選択します。

4.メニュー「File」-「BuildSetting」で「Player Setting」にある「Other Setting」グループの「Write Permission」を「External(SDCard)」にします。

5.シーン「Assets/NRSDK/Demos/RGBCamera-Record の Hierarchy ビューにある VideoCaptureExample をプロジェクトビューにドラッグ&ドロップしてプレハブ化

6.動画キャプチャを実装したいシーンを開いた後、プレハブ化したVideoCaptureExample をシーンの Hierarchy ビューにドラッグ&ドロップする。

7.Build Setting 画面で動画キャプチャしたいシーンを取り込んで Build する。

ビルドできたら早速、動かしてみましょう!

うまく動きましたか?

さて、このプログラムで録画した時の動作ですが、Nreal Light と Nreal Air では少し違いがあります。

Nreal Light と Nreal Air の RGBCameraRecord の動作の違い

20220617_235820

上の写真の2つは、上が Nreal Light、下が Nreal Air です。

サンプル名の RGBCamera (RGBカメラ)というのは、上の Nreal Light の上半分の中央の左側(向かって右側)の丸い部分です。

この RGB カメラは、Nreal Air にはありません。

では、Nreal Air で同じプログラムを動かすとどうなるのでしょう?

Nreal Light での RGB カメラの動き

比較するため、先に Nreal Light の RGB カメラを使った動きを見てみます。

かげさんが作ったシーンは、Nreal Light だとこんな感じの動画になりました。

RGB カメラに写った部分が背景として写っています。(暑くてカーテンを締め切っていた日に録画したため、背景がかなり暗めです)

動画サイズを拡大してみた方が背景が映っているのが分かるかも?

Nreal Air での RGB カメラの動き

かげさんが作ったシーンは、Nreal Air だとこんな感じの動画になりました。

RGB カメラが無いため、背景が黒です。

このように同じプログラムを使っていても Nreal Air では、Nreal Light にしかないカメラの部分の動きが異なります。

NRSDK 内部は、極力、互換性を保つ動きをするようになっているみたいですね、

また、同じプログラムなのに SD ユニティちゃんが近くにいることから距離感も違います。

画質は Nreal Air の方が良いですね!

Neal Light の方は、録画のパネルの設定は何もいじっていないので、設定を変更するともうちょっと良くなるのかもしれません。

そのうち設定変更したらどうなるかも試したいところですね。

▼2022/08/15 追記 ここから

確認したところ、録画パネルの設定オプションには画質はありませんでした。

録画パネルの設定オプションについては「RGBCameraRecord で指定できるオプションを調べてみた」を参照。

▲2022/08/15 追記 ここまで

ここまではOKだ



最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。


Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.11

HDMI 入力を Nreal Light や Nreal Air に出力するよう変換するコネクタ Wacom Link Plus ACK42819 について(まとめ)

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

MR グラス Nreal Light や Nreal Air を活用するために購入した「Wacom Link Plus(Wacom Cintiq Pro 13/16専用 変換コネクタ)」を紹介します。

この記事は以前書いた下記の記事に「スティック型 PC の検証結果を追記」して、一部書き直したものです。

HDMI 入力を Nreal Light や Nreal Air に出力するよう変換するコネクタ Wacom Link Plus ACK42819 について(その1)
HDMI 入力を Nreal Light や Nreal Air に出力するよう変換するコネクタ Wacom Link Plus ACK42819 について(その2)



ワコム Wacom Link Plus (Wacom Cintiq Pro 13/16専用 変換コネクタ) ACK42819

使ってみた感想を先に書いておくと「Nreal Light」では問題なく使えて超便利「Nreal Air」では、ちょっと難ありだけど使えなくはない

した。

Wacom Link Plus について

Wacom Link Plus は、「USB」、「 Mini-DisplayPort 」または「HDMI」を「USB Type-C Altanate Mode」に変換するコネクタです。

本来は、ワコムの液晶ペンタブレットである Wacom Cintiq Pro 13/16(DTH-1320, DTH-1620)専用のモノです。

それを「HDMI入力」から Nreal Light や Nreal Air の「USB Type-C Altanate Mode 出力」に変換するものとして使います。

USB Type-C Altanate Mode について

Nreal Light や Nreal Air の USB Type-C ケーブルは、「USB Type-C Altanate Mode」のケーブルです。

実は、USB Type-C ケーブルでは、規格上の最大限の活用をした場合、以下の3つができます。

  1. 従来のUSB通信
  2. 急速充電など充電に使えるもの
  3. 映像などのUSB以外の信号を伝送するもの(これがAltanate Mode:オルタネートモード

Nreal Light や Nreal Air は、軽量化のためにバッテリーを積んでいません。バッテリー供給は USB Type-C ケーブルで行っています。

さらにスマホで処理した映像を送ってきて表示しているので、2と3の機能を持っているケーブルということですね。

3の映像などの信号を伝送する機能は、Altanate Mode(オルタネートモード)といいます。

Wacom Link Plus と Nreal の接続

Wacomlinkplusconnect

モバイルバッテリーから電力供給を行い、HDMI ケーブルで映像情報を入力し、電力と映像情報を Nreal Light に流すというつなぎ方になります。

写真の撮りやすさから電源供給はモバイルバッテリーの例にしましたが、AC電源から取ったほうが良いと思います。

専用アプリの Nebula を通さないため、Nreal Light や Nreal Air は MR モードではなく、Air Casting モードでの動作になります。

Air Casting モードは MR モードと違って表示サイズの変更は、できません。

また、DoF の変更もできないので大きくなった画面の「端の方をよく見たい」場合、0DoF なので首を動かすと画面も追従して動くから端の方を見る時は、目を動かすしかありません。( 3DoF や 6DoF に変更できれば、画面位置が固定されるので首を動かしても大丈夫なんですが…変更できないのよね)

DoF による動きの違いは「Nreal の MR Space を起動した時に上に出てくる 0DoFモード、3DoFモード、6DoFモードの違いは?」を参照。

HDMI の入力元として 4 つ試してみた

HDMI の入力元として、試したのは下記の 4 つです。

  1. PC の USB Type A⇒HDMI変換した映像
  2. スティック型 PC (ドスパラスティック DG-STK1)
  3. Raspberry Pi 400(ラスパイキーボード)
  4. PS4

写真では Nreal Light を繋いでいますが、Neal Air でも試しています。

Nreal Light は期待通りの動作Nreal Air ではちょっと難あり

試した結果はコチラになります。

項番 HDMI 入力元 Nreal Light Nreal Air
1

PC の USB Type A
⇒HDMI変換した映像

問題なく表示 表示されるが、下の方の表示がおかしい
2

スティック型 PC 
(ドスパラ スティック DG-STK1)

問題なく表示 問題なく表示
3

Raspberry Pi 400
(ラスパイキーボード)

問題なく表示 表示されるが、下の方の表示がおかしい
4

PlayStation 4


問題なく表示

音は別途イヤホンなどから

何も表示されない

Nreal Air では、下の方の表示がおかしかったり、PlayStation 4 のように何も表示されないパターンがあるので要注意です。

PC の USB Type A ⇒ HDMI 変換には、「これでうちはトリプルディスプレイだぜぃ!」に書いた「j5 create USB 3.0 HDMI DISPLAY ADAPTER JUA350」を使いました。



コネクタタイプ USB, HDMI
ブランド J5 create
ポート数 1

下の方の表示がおかしい

Air Casting モードだと視界スクリーンショットが撮れないので加工した写真でイメージを伝えることにします。

(正常パターン)

写真の使いまわしで申し訳ないけど例えば、Nreal Light で見える状態がこんな感じだとします。

Wacomlinkplusconnect

(異常パターン)

それが Nreal Air ではこんな表示になります。

Wacomlinkplusconnectng

全く表示されないわけじゃないのですが、赤字/赤枠に示すような表示になりました。

Nreal Light では問題なく表示できているので、Nreal Light と Nreal Air のハードウェアスペック的な理由でなければ、もしかするとファームウェアが変われば改善されるかもしれません。

ただ、スティック型PCのように正常表示できるものもあるようなので入力によるのかもしれません。

ファームウェアが問題の場合、以前紹介した「Nreal Air をスマホを使わず PC からアクティベートする」に書いたPCからのアクティベートをしていてファームウェアをアップデートできる環境がない場合は改善されないことになります。

この表示が気にならなければ良いのですが、気になる方は購入時にご注意を。

PS4ではそのままだと音が出ない

PS4の接続は、Nreal Air では表示すらされないので諦めるしかないですね。

Nreal Light では映像はきれいに表示されるものの、HDMI変換なので音も出るかと思っていたのに Nreal Light のツルについているスピーカーから音が出ませんでした。

ですが、音の方は解消方法がありました。

PS4のコントローラにあるイヤホンジャックにイヤホンをつなぐと問題なく鳴ります

ゲームを動かしてみたら、普段つないでいる24インチディスプレイよりも画面が大きく見えるので結構テンションが上がりました。!(^^)!

他の音の解消方法としては、PS4にUSBオーディオを付ける方法があるみたい。

かげさんは、USBオーディオを持っていないので試せてないんですが、ネットの情報では、USBオーディオを使うとコントローラにイヤホン付けるよりもノイズが少ないようですね。



3.5mmジャックデバイス: USBオーディオサウンドカードは、3.5mmジャックの付いた通常のステレオ、イヤホン、ヘッドホン、ヘッドセット、マイクや、Raspberry Pi 2/3 Xbox PS4 Surfaceタブレットラップトップ、特にゲームヘッドセットに適しています。 国際標準USBは従来のサウンドカードと置き換えられます。 また、当社の製品を使用して、iMac/Mac Miniデバイスでマイクとヘッドフォンを一緒に使用することもできます。

まとめ

かげさんが確認した限りでは、

  • Nreal Light では、Wacom Link Plus ACK42819 は問題なく使える。
  • Nreal Air では、Wacom Link Plus ACK42819 は使えても表示がおかしかったり、そもそも表示されなかったりする

あくまで、かげさんが確認した範囲では Nreal Air で Wacom Link Plus ACK42819 を使う場合、クセがあるので要注意ですね。

ここまではOKだ



ワコム Wacom Link Plus (Wacom Cintiq Pro 13/16専用 変換コネクタ) ACK42819


最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。


3.5mmジャックデバイス: USBオーディオサウンドカードは、3.5mmジャックの付いた通常のステレオ、イヤホン、ヘッドホン、ヘッドセット、マイクや、Raspberry Pi 2/3 Xbox PS4 Surfaceタブレットラップトップ、特にゲームヘッドセットに適しています。 国際標準USBは従来のサウンドカードと置き換えられます。 また、当社の製品を使用して、iMac/Mac Miniデバイスでマイクとヘッドフォンを一緒に使用することもできます。


Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.10

Nreal Light をAndroidスマホに接続して Nebula からアクティベートする(まとめ)

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

20220617_235820

Nreal Light も Nreal Air も使用する前にアクティベーションが必要です。

アクティベーションの方法は2種類あります。

  1. Nreal から出ている Android アプリ Nebula (ネビュラと読みます)から行う
  2. Nebula を使わずにPCからアクティベーションする

そこで Nreal Light のアクティベーションは、Nreal から出ている Android アプリ Nebula (ネビュラと読みます)から行い、Nreal Air のアクティベーションは、Nebula を使わずにPCからアクティベーションします。

今回は、Nebula からのアクティベーション方法を紹介します。

PCからアクティベーションする方法は「Nreal Air をスマホを使わず PC からアクティベートする」を参照。

なお、2022/08/10現在Nebula は Android アプリしかありません。 iPhone では使えないのでご注意ください。

ちなみに Nebula (ネビュラ)とは、星雲という意味です。

わかる人には分かるかな?

アクセル・ワールドで出てくるネガ・ネビュラス(暗黒星雲が語源の黒のレギオン名)のネビュラです。

まずは Nebula のインストール

Google Play ストアで「 Nebula 」で検索してソフトをインストールします。

なお、Nebula をインストールできる Android 端末は、限られています。

で記載されている機種です。

他にもインストールできる機種はあるみたいですが、公式アナウンスされているのは、上記のリンクに記載されている機種になります。

Android 端末に Nreal Light を接続してアクティベーション

Android 端末(以下、スマホ)に Nreal Light を接続すると Nebula が自動的に起動します。

Nreal Air で使うソフトも Nebula と同じです。

かげさんが確認したのが Nreal Light というだけで、 Nreal Air も同じ方法でアクティベーションできるはずです。
かげさんは Nreal Air も持っているのですが、Nreal Air は「Nreal Air をスマホを使わず PC からアクティベートする」方法でアクティベートしたため、確認はできてません。さすがにアクティベーション検証のためだけに Nrea Air を購入はできないからね(;^_^A
起動しない場合、 Nreal Light をスマホから外して再接続します。

01_nebula 02_kengen 03_kengen

  1. Nebula が起動するので「ログインまたは登録」ボタンを選択
  2. 権限関連が出てきたら、チェックを付けてOKボタンを選択

04_googleaccount 05_acountselect 06_password

  1. かげさんは、Googleアカウントで登録するので「Continue with Google」ボタンを選択
  2. かげさんの場合、Googleアカウントは複数あるので1つを選択
  3. パスワードを入力して「CONTINUE」ボタンを選択

07_privacypolicy 08_privacypolicy 09_privacypolicy

  1. プライバシーポリシーを読むのに英語は厳しいので「日本語」を選択
  2. プライバシーポリシーを読んで「継続する」を選択

10_createaccount 11_createaccount 12_createaccount

  1. 赤枠の項目を入力し、「瞳孔間距離」を入力(瞳孔間距離については中央の画面を参照)
    ちなみにかげさんは、とりあえずそのままにした
  2. 「続ける」を選択

13_kengen 14_kengen

  1. 設定する権限を確認し、「次へ」ボタンを選択

15_kengen 16_kengen 17_kengen

  1. 内容を確認し、「アプリの起動時のみ」や「許可」ボタンを選択

18_gotosetting 19_systemsettingon

  1. 「設定確認」ボタンを選択
  2. 許可のトグルスイッチをONにする

20_kengen 21_kengen 22_kengen

  1. 権限関連が出てきたら、チェックを付けてOKボタンを選択

23_kengen 24_farmwareupdate 25_activationcomplate

  1. 引き続き権限関連が出てきたら、チェックを付けてOKボタンを選択
  2. 一通り権限関連のチェックが終わったらファームウェアのアップデートを待つ
  3. アクティベーションが完了するので「OK」ボタンを選択

26_push 27_nebulatop

  1. 最後にプッシュ通知を受け取るかの確認が出るので、どちらかのボタンを選択
  2. Nebulaのトップメニューが表示される

お疲れ様でした。

ここまではOKだ



最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。


Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.03

Nreal Streaming Box をゲットしました

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

Nreal Light や Nreal Air が使える対象スマホを持っていなくても使えるようにする Nreal Streaming Box をゲットしました。



Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス

現在の Nreal Light や Nreal Air 対応機種は Android の一部の機種だけですが、これを使うと iPhone のように未対応の機種でも Air Casting (ミラーリングモード)が使えるようになります。

Nreal のアプリである Nebula は使えないため、MRモードは使えません。

まだ、開封しただけなので使い方や使い勝手などは後日書きます。

ここまではOKだ



最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

2022.08.02

RGBCameraRecordを動かすに当たってのポイント(その2)

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

▼2022/08/12追記 ここから

この記事を含め、動画キャプチャ関連記事まとめた記事はコチラ!
NRSDK 1.9.3 で実行中プログラムの見た目を録画ができた! ユニティちゃんが動いてます!(まとめ)

▲2022/08/12追記 ここまで

RGBCameraRecordを動かすに当たってのポイント(その1)」の続きになります。

前の記事には NRSDK のデモプログラムで動画ファイルの出力先を変更してビルドするところまで書きました。

今回は、手軽にデモの動画キャプチャのところを他のシーンに組み込めるようにします。

5.シーン「Assets/NRSDK/Demos/RGBCamera-Record の Hierarchy ビューにある VideoCaptureExample をプロジェクトビューにドラッグ&ドロップしてプレハブ化

6.動画キャプチャを実装したいシーンを開いた後、プレハブ化したVideoCaptureExample をシーンの Hierarchy ビューにドラッグ&ドロップする。

7.Build Setting 画面で動画キャプチャしたいシーンを取り込んで Build する。

かげさんが作ったシーンは、Nreal Light だとこんな感じの動画になりました。

RGB カメラに写った部分が背景として写っている。

かげさんが作ったシーンは、Nreal Air だとこんな感じの動画になりました。

RGB カメラが無いため、背景が黒です。

画質は Nreal Air の方が良いですね。

また、SD ユニティちゃんが近くにいることから距離感も違います。

Neal Light の方は、録画のパネルの設定は何もいじっていないので、設定を変更するともうちょっと良くなるのかもしれません。

そのうち設定変更したらどうなるかも試したいところですね。

▼2022/08/15 追記 ここから

確認したところ、録画パネルの設定オプションには画質はありませんでした。

録画パネルの設定オプションについては「RGBCameraRecord で指定できるオプションを調べてみた」を参照。

▲2022/08/15 追記 ここまで

ここまではOKだ



最大201インチのシアター級巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当)で映像をお楽しみいただくことができます。
TUVが認めた目に優しいARグラス:国際的な独立第三者検査・認証機関であるテュフラインランド(TUV Rheinland)からハードウェアレベルの「低ブルーライト・フリッカーフリー」認証を取得しました。


Nreal Streaming Box(エンリアル ストリーミングボックス) NR-7101AGL - ARグラス/スマートグラス Nreal Air 専用/Android・iOS 両対応/Nreal Airにケーブルで接続するボックス
 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)