かげさんの111から始まるHistory » 映画・テレビ » ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女

« もうちょっとで始まるよ | トップページ | 間違って並ぶと痛いかも »

2006.02.26

ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女

先行ショーで見て来ました!

ナルニア国物語。
ディズニーが送る空前のファンタジー。

最近のファンタジー映画は
映像がすごくいいですねぇ。

ビーバーだ、狼だ、狐だ、ライオンだと
いろんな動物が絶妙な動きを見せてくれます!

アメリカではハリポタの「炎のゴブレット」を抜く
オープニングNo1ヒットとなっただけあります。

もともとJ.R.R.トールキンのロード・オブ・ザ・リングと
双璧をなすイギリスファンタジー文学の最高峰と言われてる作品。

ロード・オブ・ザ・リングやハリポタシリーズと違って
ダークな感じじゃないので
全然違ったファンタジーワールドを堪能できます。

タイトルにあるライオンは、アスランというのですが
王としての器を感じさせるすばらしい言動をします。

このアスランの声優は
スター・ウォーズのエピソード1で
クワイ・ガン・ジンを演じたリーアム・ニーソンです。
温和だけど、やるときはやる指導者って感じがします。

アダムの2人の息子、イブの2人の娘を演じる子役たちも
非常にイイです。

特にルーシー役のジョージー・ヘンリーは
すばらしいです。
撮影時に9歳だったとは思えない表情が
すばらしく演技力も凄いと思いました。

魅力的な敵役ということで
白い魔女を演じたティルダ・スウィントンもイイですねぇ。
魔女なのに魔法を使うところより
後半に出てくる戦闘シーンがカッコイイです。

ちなみに共同制作の
ダグラス・グレシャムは
原作者のC.S.ルイスの義理の息子。
タイムマシンもそうですが、
原作者の親族が映画化に関わることって
あるもんなんですね。

第1章と名が付いてることからもわかるように
ナルニア国物語、小説では全7巻なんですが
なんでも3作目までは映画化の計画があるとか。

今後の作品も楽しみですねぇ。



| | コメント (2) | トラックバック (1)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女:

» ナルニア国物語 その2 [映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシから]
●『ナルニア国物語』2006年3月4日公開。全米では9日に公開。首位デビューで製作資金(制作費一億五千万ドル)もなんとか回収できそう。心配なのは『キングコング』の史上最高の制作費2億ドルがなんとかヒットして回収できるくらいまでいってほしい。ある雑....... 続きを読む

受信: 2006/02/27 12:32:00

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml

お久しぶりです。[・_←]
この映画、ちょっと気になっている映画なんですけど、
なんかいい感じそうですね。

投稿者: mutumi (2006/02/28 1:25:47)

To:mutumiさん
ども!お久です。

> この映画、ちょっと気になっている映画なんですけど、
> なんかいい感じそうですね。

なかなかイイです!
ホント映像は綺麗でしたし
音楽も良かったですよ!

そうそう、この映画、
スタッフロールが出てから
ちょっとするとスタッフロールが小休止して
普通の映像が出てくるんですよ。
もし行くのであれば、そこまで見るまで
席を立たない方がいいかもしれませんよ。[・∀←]

もっとも
「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」と
違って最後まで見ないと駄目だ!
ってわけじゃないですけどね。
(↑ホームズファンは絶対スタッフロール後の映像必見!)

投稿者: かげさん (2006/02/28 1:35:44)




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。