かげさんの111から始まるHistory » パソコン・インターネット » インターネット定住生活~その2

« インターネット定住生活~その1 | トップページ | ココログのアクセス解析バージョンアップ! »

2006.08.02

インターネット定住生活~その2

さてさて、前回の話は
通常のISPへの接続は「住所不定」で
「固定IP」アドレスというのは
「定住」みたいなものだという話でした。

じゃあ、住所不定だと何が困るんだ?
って話なんですが
かげさんのようにサーバを公開するときに困るんです。

現在主流のIPアドレスというのは
111.222.333.444
(IPアドレスのルール上、こんな値は存在しませんが説明しやすいんで)
のように最大3桁の「.」(ピリオド)区切りの数字になってます。

インターネット上の住所のルールがこんなだからって
みなさんが良く使う「ヤフー」だの「google」につなぐのに
111.222.333.444とか入力するのだと
相手が数字12桁だけに覚えづらいですよね。

なので人間が分かりやすいように
「http://www.yahoo.co.jp/」とアドレスを入れると
コンピュータは111.222.333.444を見るんだな
と解釈させる仕組みが必要になります。

この仕組みをDNS(ドメイン・ネーム・サーバ)といいます。

で、この「人間が分かりやすいアドレス」と
「コンピュータが分かりやすい数値だけのアドレス」の対応付けが
コロコロ変わられると
サーバを公開するときには困っちゃうんです。

DNSってのは世界中にいっぱいあるんですが
その中で「人間が分かりやすいアドレス」と
「コンピュータが分かりやすいアドレス」の対応付けが
現在ISPから割り当てられているアドレスと不一致だと
「サーバが見つかりません」
ってことになってしまいます。

DNSは世界中にあるんで、
全体に反映されるまでには
結構時間がかかります。
(一般には2~3日と言われている)

ということでコロコロ変わると
いっぱいあるDNSへの反映が間に合わん!
ってことになりかねないのです。

そうすると
「せっかく公開したサーバが使えん時がある」
ということに・・・

「住所不定」な時のDNSへの反映をする仕組みとして
かげさんが前に使っていたDynamicDNSというのがあります。

人間の世界では定住するには
家賃を払いますが
コンピュータの世界でも定住するには
固定IPサービスの料金を払うことになります。

「住所不定」向けのサービスであるDynamicDNSは
固定IPと違ってすごく安いんです。

もともと安いからDynamicDNSにしてたんですが
使いたい時に使えない状態が何度も続いたので
いい加減、うんざりしたってのがあって
固定IPに変更しました。

ちなみに
人間の世界も「住所不定」より「定住」が信用されるように
コンピュータの世界での「定住」である固定IPだと
身元が分かるので信用されるというのがあります。

例えば、メールの送信の際に利用する25番ポート。
通常のISPでは迷惑メールを送信する人がいるので
DynamicDNSだとメール送信サーバとしては使えなくする
なんてところが増えてきています。

これも身元が分かるので迷惑メール送信が発覚したら
その時点でそのIPアドレスを止めるといったことが
できるので、25番ポートブロックがされない
というメリットもあるんですよ。(ISPにもよるかもしれないけどね)



| | コメント (0) | トラックバック (1)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: インターネット定住生活~その2:

» DNS [DNSから]
DNSとは、ドメインネームシステム (Domain Name System) の略です。何をするためのものかと 続きを読む

受信: 2006/08/08 21:09:35

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。