かげさんの111から始まるHistory » 映画・テレビ » シークレット・サービス141年の神話が崩壊する「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」

« このところ土曜日がもったいないような | トップページ | Lの伝説 ロサンゼルスBB連続殺人事件 »

2006.10.22

シークレット・サービス141年の神話が崩壊する「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」

オリジナル・サウンドトラック「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」 オリジナル・サウンドトラック「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」

24でジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドが
シークレット・サービスの凄腕エージェントで登場する映画
ザ・センチネル 陰謀の星条旗
(上記リンクから予告編の映像が見れます!)

キーファーは確かに出てきますが
彼は主役ではありません。

主役はマイケル・ダグラス扮するギャリソンで
キーファーは、ギャリソンの弟分であるブレキンリッジ。

正直、ストーリーはおもしろいと思いましたが
思ったよりアクションシーンが無かった為か
予告編にある
「24 -TWENTY FOUR-」を超えるポリティカルアクション
とは思いませんでした。

実はかげさんは、キーファーが出てることと
「24 -TWENTY FOUR-」を超えるポリティカルアクション
というのが気になって見に行ったので
ガン・アクションと言う意味では、ちょっと物足りなかったかも。

24のジャックみたいな破天荒さがないものの
さすがキーファー
いい味出してます。

マイケル・ダグラスもファースト・レディの愛人で
優秀なシークレット・サービスのエージェントなんていう
スゴイ設定の役なんですが
この人以外でこんな役は無理かも?
と思うくらいのハマリ具合です。

男性陣はこの二人が中心で
この二人をサポートするタフな女性陣にも注目です。

エヴァ・ロンゴリア扮する新人エージェント、ジル。
新人ながらアカデミーを優秀な成績で卒業したのをうかがわせる
気付きを見せたりとなかなか、いい感じ。
なんでもこの人、マイケル・ダグラスやキーファー・サザーランドよりも
射撃がウマいらしく、ガン・シューティングのシーンも
二人に劣らないくらいカッコイイです!

それと不倫するファースト・レディ役のキム・ベイシンガー。
この人もハマリ役だと思いました。
なんというか、ポイントポイントを押さえたシーンが多くて
魅力的な女優だなぁと思いました。

例によってパンフを買ってきたんですが
ソレを見ると、映画と原作小説のラストは異なるようだ。

どうやら、映画を見ていてかげさんが
こういった展開になるのかなぁと想像していたのが
原作小説のラストらしい。(イイ読みしてるでしょ?)
ということで、
ちょっと原作小説も読んでみたくなったかげさんでした



| | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: シークレット・サービス141年の神話が崩壊する「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。