かげさんの111から始まるHistory » 映画・テレビ » ちょっと日が開いたけど、エラゴンについて書いてみる

« KitKat 期間限定 ブルーベリーのフロマージュ | トップページ | うぐ、頭が痛いっす »

2006.12.18

ちょっと日が開いたけど、エラゴンについて書いてみる

 エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉  エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉

ドラゴンライダー3部作の1作目となる
エラゴン 遺志を継ぐ者」を見てきました。

現在、2作目の「エルデスト 宿命の赤き翼」まで刊行され
作者のクリストファー・パオリーニは現在最終巻を執筆中。

クリストファー・パオリーニって
1作目を書き上げたのが17歳で
現在、20代になったばかりなんだよね。

ハリウッド映画でも原作が完結していない小説の
映画化というのは珍しいそうだ。

主人公はサフィラというドラゴンにより
ドラゴンライダーとして認められた17歳の少年エラゴン。
(エド・スペリーアス)

エラゴンは若さあふれる無鉄砲なところが良い感じで
それを勇める賢人ブロムがまた渋くてカッコいい。
ブロムはスター・ウォーズ旧三部作のオビ・ワン・ケノービって感じ。

気高きエルフの王女アーリア、
謎の流浪剣士マータグといった仲間たちと
暴君として恐れられる邪悪な王ガルバトリックスの手下
シェードのダーザとの戦いが描かれている。

アーリア役のシエンナ・ギロリーって
どこかで見たことあるなぁと思ったら
バイオ・ハザード2のジル・バレンタイン役だった人だった。
あの時もゲームのキャラにすごくマッチしていて
ハマリ役と思ったが、
今回もファンタジーの王道を行く
気高きエルフを演じきってますねぇ。
後半の殺陣のシーンも凛々しくてカッコいいです。

敵役のダーザも不気味な感じで
いい雰囲気を醸し出してます。

エラゴンは原作を読んでいないんで
中盤から登場するマータグは
次作以降の展開が非常に気になるキャラです。

ハリーポッターの魔法とは、ちょっと違って
魔法と攻撃が合わさった技など派手な攻撃なども魅力的です。
もちろん、ドラゴンであるサフィラの優雅な動きもすばらしいです。

今後はドラゴンライダー同士の戦いも出てくると思うので
かなり楽しみな映画の1つです。



| | コメント (0) | トラックバック (2)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: ちょっと日が開いたけど、エラゴンについて書いてみる:

» 『エラゴン 遺志を継ぐ者』 [M[エム]から]
製作年度:2006年上映時間:104分監督:シュテフェン・ファンマイアー出演:エド・スペリーアス 、ジェレミー・アイアンズ 、シエンナ・ギロリー 、ロバート・カーライル 、ジャイモン・フンスー 、ジョン・マルコヴィッチオススメ度:★★★★☆ストーリー:遥か彼方の帝国アラゲイシアは、かつてエルフ、ドワーフが人間と共存する平和な土地だった。ところが今、帝国は邪悪なガルバトリックス王に支配されていた。辺境の村で叔父と暮らしていた少年エラゴンは、ある日森の中で青く光る石を見つける。しかしそれ...... 続きを読む

受信: 2006/12/19 0:26:37

» 『エラゴン 遺志を継ぐ者』 [映画を観よう☆から]
製作年度:2006年 上映時間:104分 監督:シュテフェン・ファンマイアー 出演:エド・スペリーアス 、ジェレミー・アイアンズ 、シエンナ・ギロリー 、ロバート・カーライル 、ジャイモン・フンスー 、ジョン・マルコヴィ... 続きを読む

受信: 2006/12/19 0:38:26

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。