かげさんの111から始まるHistory » 映画・テレビ » 23の呪縛に取り憑かれる映画、ナンバー23

« 24シーズン6を見始めた | トップページ | ニューヨークで孤軍奮闘する伝説の男、アイ・アム・レジェンド »

2007.12.18

23の呪縛に取り憑かれる映画、ナンバー23

映画内で出てくる小説「ナンバー23」が
きっかけで23という数字に取り憑かれる主人公一家。

本の世界が現実の出来事となって実現し
23という数字をめぐる謎解きが進むサスペンス・ミステリーです。

主人公ウォルターは2月3日が誕生日で
ストーリーの随所に出てくるNEDという犬も
N(アルファベットで14文字目)
E(アルファベットで 5文字目)
D(アルファベットで 4文字目)
14+5+4=23と
ストーリーに出てくる物事を
なんでも23という数字にこじつけて結びつけられる。

よくもまぁ、ここまで23という数字にこだわるねぇ
って勢いで23という数字があふれている。
(32になってもリバース23ということでOKらしい)

映画のオチもねぇ、最初にマサカそれは無いよね?
と思っていたオチだった・・・
このオチの受け取り方によっては
あまり面白くない映画になるような気がした。

かげさんとしては、それなりに面白かったけどね。

<余談>
かげさんの誕生日9月30日も23に関連していることに気づいた。
9=3の2乗
30=5x6=(2+3)x(2x3)
なーんてね♪



| | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: 23の呪縛に取り憑かれる映画、ナンバー23:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。