« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

うぉ!久々だぁ!

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

さっき、記事を投稿したことで
2008年1月は、更新サボリが無かった!

あれ?
そういや、1ヶ月分のカレンダーが
全部埋まったのって久々じゃない?

調べたところ、2006年9月以来のことらしい。

おぉ!久々にがんばったかも![→◇←]

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

CDの捜索願

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

年末に新しいデスクトップを購入したかげさん。

未だにOfficeを入れていないことに
ついに気づいた。(遅!)

いや、まぁ、ノートパソコンがあるし
まるっきり使えないわけじゃないので
ダメージは全く無いのだ!

でも、いちおー、インストールしましょう
と思い立ち、Office 2003のインストールを開始!

まほーつかい(インストールウィザードともいふ)が
旧バージョンのCDを入れろ!とのたまった。

ただちに捜索隊を「現場」へ向かわせた。
(現場ってどこ?)

そして、長い捜索の果てに
ついに捜索は打ち切られた。

その後、ある筋から、特ネタとも思える情報を入手。
どーやら「旧バージョンのCDは実家にある」らしい!

早速、裏付け捜査を行ったところ
事実を確認。

つーことで、次に実家に帰ったときにCDを持ってこよう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.30

答えは分かるけど

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

春の情報処理技術者試験に向けて学習中のかげさん。

教本を片手に問題を解いていくわけだが
いかんせん、答えは分かるけど
解答として相応しい文章かというと
ちと疑問がある・・・

合格者の合格手記にも
「即時に文章が書けるように繰り返し学習した」
という記述があり
これは「繰り返しあるのみ」だなぁと思ってる。

かなり、解答に相応しい文章にはパターンがあるので
繰り返し手で書いて覚えるのがベストなようだ。

なんとか今週末には午後1の勉強の1周目が終わりそうだ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.29

ぶるぅべり~は偉大っす

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ2~3日、なんか目が疲れるなぁ
と思っていたのは
おそらくブルーベリーのサプリメントを
切らしていたからではないだろうか?

つーことで、テクテクと
FANCLショップまで歩いて行ってきました。

いつものように「お徳用」を
購入しようとしたところ
来月の21日~3月末まで
ブルーベリーはボーナスポイントがつくことを
教えてもらい、今回は1か月分だけ購入することに。

仕事上、目を酷使しがちなので
労わってあげないとね♪

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.28

うさぎ症候群

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

Rabbit Syndrome
Rabbit Syndrome

fripside NAO projectのデビューアルバムです。

fripsideと同じメンバーなんですが
fripsideとは曲調の方向性が違う感じです。

ほんとにゲーム用の曲って感じ。
明るい曲が多くて、コレはコレで良いんですが
かげさんは、fripsideの曲の方が好きですねぇ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.27

お疲れ、寝て曜日

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだか、へばってて
ひたすら寝てました・・・

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.26

Webラジオな日

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日公開の「オオカミックラジオ」と
fripSide Hello!Music!!」のすべての回を
まとめて聞きました。

fripsideの方は、binarydigitの中の曲がいくつか出てくるのですが
なんせボーカルのnaoが、うなずき続けてるので
オオカミックラジオのような「掛け合い」もないんで
内容としてはオオカミックラジオの方が面白かったかも。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.25

新人歓迎会の日っす

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は1月に入社した新人さんの歓迎会の日です。

このところ、宴会の日に
宴で出た食べ物の写真を撮って
モブログしようとして
食べ終わってからミスったと気づく
という展開が続いてます・・・

今回も気づくのが遅くなりそうだし
更新忘れをしないように
「夜中のうちに記事を書いちゃおう」大作戦です(笑)

もしや、しょぼい作戦ともいふ?

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.24

最近使い始めたWebツール

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、春の情報処理技術者試験の勉強中のかげさん。

テキストや問題集を解いて
気になるところJUDE Thinkを使ってまとめている。

JUDE Think自体は
会社用と自宅用の2ライセンスを購入したので
会社の昼休みでの学習と
自宅での学習を同じようにまとめることができる。

で、まとめたファイルを
会社←→自宅
と持ち出したり持ってきたりというのは
持ち出しを忘れたときに使い勝手が悪い。

そこでGoogle Groupのファイル共有機能を使って
その日まとめた分をアップロードする作戦を採ってみた。

一応、目的通りファイルの共有はできるんだけど
ちょいと使い勝手が悪い。

もうちょっと運用を模索してみようと思う。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.23

最後のワルツ

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

新ソード・ワールドRPGリプレイ集Waltz 5
新ソード・ワールドRPGリプレイ集Waltz 5

Waltzシリーズ最終巻「誓い・陰謀・巣立ちの日」。

パーティの兄貴分、デュケイの死という
壮絶な幕切れとなった前巻から
デュケイ復活のため、いろいろな策を練るみんな。

ブランシュがマンティコアであるライブリオン相手に
認めてもらうためにアイルをハメた手段や
その後のとんでもない「爆弾発言」をしたのは
印象的でした。

しかも、最後の最後で
アイルをハメた手段から飛び出た
名セリフ!

あれは良かった!
大団円を飾るいいシーンになったと思う。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.22

注射器の次は拳銃です

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ミステリクロノ 2 ミステリクロノ 2

1巻で登場したクロノグラフは注射器の形でしたが
2巻では拳銃の形をしたものが登場。

今度は時間を巻き戻すのではなく
記憶(過去)を消すアイテムで
このアイテムを使って
半年分の記憶を奪われた人が出てくる。

その失われた半年間に何があったのか?
なぜ記憶を奪われたのか?
という謎を解き明かしていくという展開。

文学少女シリーズを思い出すような
モノローグと称したものが途中途中にあり
文学少女シリーズ同様、
微妙にミスリードを誘う記述になっています。

このミスリード誘発手段があるせいで
最後に「おぉ!そういうことだったのか!」という
驚きがあって面白かったです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.21

ミステリの対象は「時間」であり「人」である、ミステリクロノ

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ミステリクロノ ミステリクロノ

7つの「時間を操作できる装置(クロノグラフ)」を
地上に落とした天使、阿部真里亜は
その罰のため、人間となってしまった。

真里亜を天使に戻すためには
7つのクロノグラフを集める必要がある。

と、こんな感じで天使になりたい少女の
ドラゴンボール集めっぽい。

もちろん、クロノグラフを使ったトリックを解き明かすミステリでもある。

同じ作者のトリックスターズと比べると
登場人物が少なく、名前が覚えやすいのがイイ。

シリーズものの1巻目なので
登場人物の背景説明やら舞台となる町の説明、
天使とクロノグラフの説明などに多くのページが割かれており
ミステリ的な展開は少ないものの
クロノグラフの効果をリセットするリ・トリガーという
アイテムを使ったトリックがなかなか良いです。

2作目からは主要登場人物も固まったので
ミステリとして楽しめそうな気がしてます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.20

Close & Continue

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トリックスターズC PART1 トリックスターズC PART1

トリックスターズC PART2 トリックスターズC PART2

佐杏冴奈編は最終話であるCを除き
表紙が佐杏冴奈だったが
CではPart1がアレイスター・クロウリー3世、
Part2がアマネを抱いた天乃原周になっている。

学園祭の最終日、
魔術師たちは「魔術師の大敵」と顔をあわせる。

ドイツ帝国協会の神聖騎士団(ホーリー・オーダーズ)
<仮面(ぺるそな)騎士団>の指揮者。
魔女狩りにおける秘儀を伝承する家系スピノーヴァ。

クローリー3世を捕獲するためフィラメル・スピノーヴァが暗躍する。

佐杏冴奈編の最終話らしく
周の同級生の仲良し5人に絡むエピソードを交え
お得意の「最初に出す回答は嘘だよーん」展開。

最後の対決のラストが
ああいう展開になるとは予想できなかったなぁ。

この後A・クローリーへ続くとしているが
作者は、このあと「ミステリクロノ」シリーズを書き始めているので
トリックスターズは、一時中断状態のようだ。

ということで、次は「ミステリクロノ」だね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.19

マスカレイド

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トリックスターズ・シリーズ4巻

トリックスターズM トリックスターズM

Dから始まる学園祭の2日目。
仮面舞踏会にて起こる襲撃シーンを
未来視した周が
襲撃犯を捕らえるべく行動する話。

この巻の話は、この巻だけで完結しているのだが
次のトリックスターズCの伏線も多いみたい。

周の精神的成長がメインなので
佐杏冴奈の出番は少ないなぁ。
(例によっておいしいところは持っていくのだが・・・)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.18

ヨーヨー

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のタイトルは「ヨーヨー」。
ヨーが2つで、ヨー2(ようつう)。

漢字で書くと腰痛になります。

今日は行動不能でネタがないんで
これで許してくださいですぅ・・・
(って、誰に許しを乞うているだか・・・)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.17

DaylightのD、DarkのD

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トリックスターズ・シリーズ第3巻
トリックスターズD
トリックスターズD
から始まる3日間の学園祭。

その初日に学園内の建物が闇の結界に閉ざされる
というのがDの大枠です。

本の中のまえがきにあるように
トリスタ、トリLを読まなくても分かる話なんだけど
トリスタ、トリLを読んでいた方が
より分かる展開になっています。

なんせ、このDの中では
いみなが書いた推理小説として
トリスタ、トリLが登場するんで。

トリスタ、トリLと読んでいると
作中に微妙な違和感を持つ描写がでてきて
それが今作の伏線となってストーリーが動きます。

3作中、一番面白いかもしれない。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.16

トリスタの方が面白いようなトリL

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもだと本の画像をつけるんですが
トリLはamazonで画像が無いんですぅ。

トリックスターズL
トリックスターズL

トリスタの2作目です。
どーも、1作目と比べると
辻褄あわせがさらに強引な感が否めない。

これだけコタコタにしておいて
最後はコレかよ!って感じがした。

あまねの解答編が
荒が多すぎるんですが・・・

6人の魔術師も3番目、5番目、6番目が出たから
残りの3人も出てくるんだろうか?

そのあたりを気にしつつ、トリMに入ることにしよう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.15

新年会

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

都合がつく会社の人で新年会をしました。
おいしいものの写真を撮るつもりが
例によって撮影前に食べちまった・・・

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.14

お次はトリスタでござい

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

トリックスターズ
トリックスターズ

なんか去年の10月に
「神曲奏界ポリフォニカ」シリーズにハマッた時のような
ハイペースで文庫本を読み続けているような気もしますが
文学少女シリーズの既刊を読み終わり
今月の上旬発売の文庫も読み終わったので
思わず新シリーズに手を出してしまいました・・・

「このライトノベルがすごい2007」で30位の作品です。

ジャンルとしてはミステリーになると思うのですが
帯によると
「これは推理小説を模った現代の魔術師の物語」
だそうです。

この小説、最初のうち、ちょっと読みにくい印象を持った。

というのも
佐杏冴奈(さきょうしいな) 、天乃原周(あまのはらあまね)
といった主人公クラスから始まって
・三嘉村凛々子(みかむらりりこ)
・在真氷魚(ありざねひお)
・扇谷いみな(おうぎがやついみな)
・酒匂理恵(さこうりえ)
・午沼千里(ひぬまちさと)
と他のレギュラーキャラたちも名前が読みにくいからだ。
(常に振り仮名があるわけでもないし)

舞台は日本で唯一の魔学機関である大学なのだが
ハリポタのように魔術師の卵が通っているわけではない。
というのも、世界で6人しか魔術師がいないとされているからだ。

で、魔術師が出てくるんでファンタジーの要素もありつつも
一般的なファンタジーと違い「不可能命題(ロストタスク)」
という考え方があるのが、この作品の特徴じゃないかな?

ロールプレイングゲームやファンタジー映画で
有名な魔術「飛行」、「念動」、「読心」、「治癒」、「蘇生」などが
使えないとされているのだ。

なので、何でもかんでもトリックを
「魔術で片付ける」展開でもないので
ある程度、推理があたる点が面白いです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.13

まぁぶる温泉

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ
神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ

ポリ赤、ポリ黒、ポリ白、レオンと
4つの温泉話が堪能できる短編集です。

ポリ白はキネティック・ノベルで
温泉ネタはやったということで
温泉につかる話じゃないんですが
ポリ赤の方へと連動する展開。

時間軸が同一の
ポリ黒、レオン、ポリ赤では
共通キーワードがマナガの顔という
展開になっておりまする・・・
(なんのこっちゃ)

かげさんが面白いと思ったのは
ぶるぅシリーズや白チームが出てくる
ポリ赤ですかねぇ、

酔ったマティアも面白かったけど(笑)

さて、来月は待ちに待ったポリ黒の新刊
「メモワーズ・ブラック」が出るので楽しみです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.12

マリーナの過去がついに明かされる、新フォーチュン・クエスト14巻

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

新フォーチュン・クエスト 14 蘭の香りと消えたマリーナ(下)
新フォーチュン・クエスト 14 蘭の香りと消えたマリーナ(下)

新フォーチュンの13巻(つまり上巻)のラストで
スケルトンと出くわしたところで
終わった時点で14巻のスタートの展開は予想がついた。

もっともこのシリーズをここまで読んでいる人なら
スケルトンといえば・・・
と、たいてい予想がついたと思うけど。

なので出だしはヤッパリね。
という始まりとなった。

このシリーズの名脇役の一人マリーナ。
この巻で彼女の過去がついに明らかとなる。

ふーむ、なるほど、そういうことだったのね。

まさか、旧シリーズの5~6巻のギャミラ像の話が
こんなところで登場するとも思わなかったぞ!
(まぁ、旧シリーズの4巻の脇役たちが登場するくらいだから
 不思議ではないんだけどね)

フォーチュンクエストもずいぶん続くなぁと
思っていたら今年で20年目を迎えるそうだ。

伏線が張られたままのネタがまだたくさんあるしねぇ。

たしか、かげさんがフォーチュンを読み始めたのは
旧シリーズの4巻(1991年3月刊)が
新刊で出たころだったような。

最近、ノルやルーミィの活躍が少ないので
そろそろ活躍の場があるといいなぁ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.11

☆祝!ブログ開設3周年!☆

| |コメント (3)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

O(≧∇≦)Oイエイ!!
このブログは本日で3歳となりました♪

おめでとクラッカー( ・_・)。∠※PON!。.:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:*
と自分でクラッカーを鳴らしてみました(笑)

1095日で総エントリー数:1127 総コメント数:1090と
一応、去年は更新サボリが極端に多いものの
1日1本ペースで記事をアップしていた計算になります。

これも、みなさんのコメントやトラックバックのおかげです。
(*^-゚)v Thanks!!☆彡

あ(^○^)り(^。^)が(^∇^)と(^O^)う(^ー^)ノ

これからも更新を続けていきますので
よろしくお願いします!

PS
かげさんと同じ1月11日にからブログを始めた
のっちさんの「西訪旅游 ~プーケット・ピピ島・諸々旅のブログ~」も3周年です!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (3)|トラックバック (0)

2008.01.10

文学少女、番外編

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫 の 2-6-6)
“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫 の 2-6-6)

夜叉ヶ池,草迷宮,外科室(泉鏡花)を題材としたものです。

“文学少女”シリーズの時系列では
第2巻 “文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト) の後の物語で
次の7巻の予告編を兼ねています。

他の巻と比べて登場人物の数が極端に少ないので
白雪の正体には、割と簡単にたどり着きました。

が、麻貴の仕込むミスリードのせいで
ちょっと確信が持ちきれなかったかげさん。

そして、麻貴の読み解いたストーリーが明らかになった直後、
“文学少女”天野遠子が、もう1つの隠されたストーリーを
読み解いていくところが非常に秀逸。

ずっと制服だった遠子の私服というのも
新鮮で良かったです。

この本、先月発売だったので次の卒業編まで
ちょっと間が空くのがつらいですねぇ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.09

画面が広いといいかも?

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

家用のデスクトップマシンを
年末購入したので
これにもJUDE Think!をインストールした。

これまで家では
ノートパソコンの10.2インチの画面だったので
17インチディスプレイで使うと
画面が広い分、見やすくて使いやすい。

広い画面はやっぱ、いいかも。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.08

心葉、運命の少女との再会

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫 の 2-6-5)
“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫 の 2-6-5)

「銀河鉄道の夜(宮沢賢治)」を題材とした物語は
最大のトラウマである「朝倉 美羽(あさくら みう)」との再会で
心葉の周りに波紋が生まれ
友達となった一詩、仲良くなったななはとの間に
大きな亀裂が生じてしまう。

そうか、こういうキャラクターだったのかと思うほど
自殺を試みるほどに追い詰められた美羽の
生き方はすさまじいものがある。

心葉が井上ミウのペンネームで
大賞を取った小説も
登場人物の観点が変わることで
凄惨な物語に変わっていく・・・

この巻の登場人物は
既出のキャラクターばかりなのに
美羽一人が加わるだけで
こんなにもストーリーが動き出すものなのか
と驚くばかりだ。

前の巻とこの巻のストーリーは
特に引き込まれる感じがする。

この後は番外編と卒業編なので
シリーズ構成としては
一番の大山だったのではないだろうか?

”文学少女”遠子が
Bの正体、Bの思惑を読み解いていく過程で言う
「あなたがなりたかったのは、どんな人?」
というくだりから始まる
登場人物たちがそれぞれの想いを語るシーンは
ぐっと来るものがありました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.07

“文学少女”と穢名の天使

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫 の 2-6-4)
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫 の 2-6-4)

オペラ座の怪人(ガストン・ルルー)を題材に
「琴吹 ななせ」とななせの親友「水戸 夕歌(みと ゆうか)」を
中心に展開する物語。

このシリーズは
「題材となる小説の各登場人物が
 展開される物語で誰に当たるのか?」
という点を読み解いていくストーリー仕立てなんですが
なかなか、かげさんは読み解けません・・・

でも、読み終えるとスッキリするので
読んでて楽しいです。

特にこの巻では
ななせと心葉が仲良くなっていく過程が
いいなぁと思いました。

さて、次巻はこのシリーズ全体の
キーキャラクター朝倉 美羽(あさくら みう)が
満を持して登場します。
非常に楽しみです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.06

文学少女のダブルヘッダー

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)
“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)

昨日の時点で予想したとおり
今日は文学少女シリーズの続きを読みました。

「嵐が丘(エミリー・ブロンテ)」を題材とした「”文学少女”と飢え渇く幽霊」、
「友情(武者小路実篤)」を題材とした「“文学少女”と繋がれた愚者」の
2冊を読破です。

1巻でも登場した姫倉 麻貴(ひめくら まき)が
2巻では、非常に重要なポジションのキャラになってます。

数字のトリックの考え方は読みどおりだったのだが
変換ルールのヒントが、
そのまんま答えだったのに深く考えすぎてしまい
かげさんはすんなり理解できなかった。

激しい愛憎の嵐ともいうべき「どろどろな物語」。
最後は、ちょっと悲しい感じの終わり方だ。

3巻は、心葉のクラスメイト芥川 一詩(あくたがわ かずし)を
取り巻く過去の人間関係の物語。

悲しいすれ違いの果てにたどり着く結末を
文字通り文学少女ならではの
「想像」から読み解いていくシーンがすごい。

たぶん、このあと「琴吹 ななせ(ことぶき‐)」や
「朝倉 美羽(あさくら みう)」が中心となるストーリーが
出てくると思うので楽しみです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.05

文学少年になりたくて

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

あれ?
もしかして、いきなり少年はねぇだろ?
とか冷静なツッコミから入ってますぅ?

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

とうとう、文学少女シリーズにも手を出してしまいました。

本日のタイトルは本のタイトルから
連想した言葉にしてみたのだ♪

実はコイツも「このライトのベルがすごい!」の
2007では作品部門8位、2008では作品部門3位の品です。

タイトルにある文学少女こと天野遠子(あまのとおこ)は
本や小説の原稿を文字通り「紙ごと食べる美食家」。

元天才美少女作家の井上ミウこと
井上心葉(いのうえこのは)が書く「おやつ」
(遠子の与える三つの単語を使って
 詩やエッセイなどを
 50分の制限時間で原稿用紙に書いたもの)
を「今ひとつアクが足りない」
「まだまだ組み立てが甘い」などと評しながら食べるのだった・・・

第1巻では太宰治の「人間失格」をネタにした
ストーリーが展開する学園ものの小説だ。

微妙にミステリーの要素もあって
なぞが解明されていくのが楽しかったりする。

読んでみて面白かったら2巻以降も購入しようと思い
夕方の買い物の際、1巻しか買ってこなかったのですが
これを書いている時点で手元に2~6巻が
手元にあったりします(笑)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.04

かげさん vs シュレッダー

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の暮れ、会社の掃除が終わり、
納会開始のちょっと前に処分することになった書類たち。

シュレッダー行きの彼らは
自らの身を守るため、必死の抵抗を見せる。

彼らの計画は実に巧妙だった。

シュレッダーの刑になることを
遅らせるため一致団結。

ホッチキスの針や
ガチャ玉、クリップ、ダブルクリップたちの援護を得、
簡単に刑が執行されないように
固まって身を守っていたのだ。

かげさんは死刑執行人として
彼らの絆をひとつずつ断ち切り
シュレッダーに送り込む。

時が経ち、彼らは監視の目をくぐりぬける機会を得る。
そして、ひとつのテロを成功させた!

「透明のプラスチックのガチャ玉」という名の
テロリストが自爆テロを実行に移したのだ。

事件発生現場は、シュレッダーの刃に到達する前の
紙吸い込みローラー部分。

後続の同士たちの虐殺をさけるべく
ローラーとローラーの隙間に身を挺して引っかかり、
見事に書類を「通せんぼ」しやがった。

かげさんの手持ちのドライバー類が届かない
てこの原理を使って定規類で引っ張り出すのも困難な
紙の吸い込み口から奥深く。
そこが自爆テロ実行犯の聖地らしかった。

しかし、爆弾処理班も、ただでは転ばない。
シュレッダーの吸い込み口の「分解」に入り、
ついに問題のローラー部分にたどり着く。

まったく、てこずらせやがる・・・

と、まぁ、透明なので見逃したガチャ玉が
見事にガチッとハマり、困った状態になったわけだが
無事に取り除くことに成功!
なんとか破棄対象の書類たちを片付けたのだった。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.03

正月3が日も終了っす

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から仕事なんで
例年通り、6時台発のJRで札幌に戻ってきました。

このくらい早い時間だと
席に余裕もあるし、札幌に着くころには
開店時間に近いので、初売りにも行けるのが魅力。

街中をブラブラしてから帰宅し
朝早かった分、眠いのでちょいとお昼寝を。

後は買ってきた本を読んだり
妹から借りたDVDを見たりしてました。

さぁ、明日からお仕事です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2008.01.02

スポーツ関連番組満載の本日

| |コメント (0)|トラックバック (1)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

その前にやっていた大学ラグビーだの
箱根駅伝を見ていなかったので
まずは高校サッカー。
室蘭大谷の2回戦。

前半が終わった時点では
この調子で行くと3-0くらいで負けるのかな?
と思っていた。

結果は4-1で負けてしまったけど
ひたすら攻められていた前半と違って
1点の取り方も良かったし
後半の攻め方は良かったと思う。

そして夜の部は
「バレンタイン監督とヒルマン監督の対談」で始まり
この番組が終わったらProfessionalで「イチロー」が登場。

外国人監督同士の対談はBS1だけど
どっちもNHKの番組だ。

監督同士の対談も面白かったけど
かげさんは年齢が同じなので
イチローの方が気になった。

しっかし、7年間、昼ごはんがカレーってのは
極端だよなぁ・・・

プレッシャーと戦い続けるイチローは
やっぱりすごいと思う。
昨シーズンつかみかけた感覚を
つかむことができるような
今シーズンとなってほしいなぁと思ったかげさんです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (1)

2008.01.01

あけおめ、ことよろ、2008

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしまーす!

昨年の元旦は
20070101


こーんな感じで雪もなかったんですが
今年はこんな感じっす。

20080101

実家のベランダから庭に積もった雪を撮ってみました。
やっぱ雪がある方が正月っぽい?
夕方に撮ったので、ちょっち暗いかも?

初詣で引いたおみくじは
去年と同様に「小吉」でした。

焦らず、あわてず、
自分の甘いところを改善するよう取り組むと良いらしいです。

地味に努力すれば、結果はついてくる
というところでしょうか。

では、改めて

今年も頑張りますんで

よろしくお願いしまーす!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »