かげさんの111から始まるHistory » 映画・テレビ » 小説とも微妙に異なる映画「L change the world」

« ケイロニアの主要メンバーと再会する、グイン・サーガ119巻「ランドックの刻印」 | トップページ | スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師 »

2008.02.12

小説とも微妙に異なる映画「L change the world」

L、最後の23日間」という記事に書いた小説の映画版、
L change the world」を見てきました!

先に小説を読んでいたので
主要登場人物の人間関係などが分かっている状態。

映画では、「L vs K」という構図が中心ですが
実は小説では
アメリカ大統領からデスノート獲得指令を帯びている
FBIの駿河が絡んだ「L vs 駿河」や
「L vs (K & 駿河)」」といった構図もあります。

この為、映画を見た感想として
もうちょっと「駿河」をクローズアップしてもいいのでは?
という気がしてしまった。

まぁ、映画の時間の都合で
カットせざるを得なかったんだろうけど
駿河がただの困ったときに現れたFBIでしかないのが
ちょっと残念だ。

と、いきなり悪いイメージから書き出してしまったが
小説中でかなり無理やり感があった海砂登場シーンは省かれていたりと
スピーディな展開で映画は面白かった。

コミック、小説、映画でも名前が出てくる
ロサンゼルスBB連続殺人事件」や
デスノートではインドア派なLが
アウトドアですよ。

松山ケンイチのアクティブL全快!
L、走っちゃいますよ!

クレープの車から降りて飛行機に飛び乗るシーンが
L、やるときは、やるのね! カッコイイぞ!
って感じで実に良かったです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: 小説とも微妙に異なる映画「L change the world」:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。