かげさんの111から始まるHistory » 映画・テレビ » 美しい自然を見せてくれるドキュメンタリー映画「アース」

« 戦友の牧野の裏切り「氷の魔人は、闇に惑う。」 | トップページ | 大自然をダイナミックに見せるドキュメンタリー映画「アース」 »

2008.02.25

美しい自然を見せてくれるドキュメンタリー映画「アース」

本日はメンズデー。
予告を見ていて気になっていた「アース」が
今週金曜で上映が終わるので
見に行ってきました。

北極→南極へ向かって地球縦断の生命の旅。

24時間闇に包まれる北極の冬。
太陽が出てきたところでホッキョクグマが
餌を求めて活動開始。
というところから始まります。

少しずつ南下すると
牧草を求め、大移動するトナカイの群れを追うホッキョクオオカミ。

地球の樹木の3分の1を占めるタイガ。

食べやすい広葉樹が見え始めると
生き物たちの数が徐々に増えていく・・・

とまぁ、こんな感じで地球上のあちこちを移動しながら
大自然の中で生きる動物たちにスポットを当て進んでいきます。

弱肉強食を目の当たりにする狩りの場面が
いくつかあるんですが
狩りの一部始終を捉えているし
高速映像やスローモーション映像で
決定的なシーンもバッチリ押さえています。

印象的だったのは
世界一高低差のある滝
エンジェルフォールです。

雪解け水の流れる川から始まって滝つぼに
落ちていく水を追いかける映像は素晴らしかったです。

また、海の生物が、画面いっぱいを
縦横無尽に高速で動き回るところも
よくこんなの撮れたなぁ!と感心するほどです。

アフリカゾウが砂漠を渡り
湿地帯で泳いでいるところや
ザトウクジラが南極で餌となるエビをを追い込む
囲い込みのところなど
そうそう見れるものじゃない。

大自然ってスゴイです!
DVDが出たら、もう一度見てみたいなぁ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: 美しい自然を見せてくれるドキュメンタリー映画「アース」:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。