Amazon 初売り

« ダブルクロス・リプレイ・オリジン 後半戦 | トップページ | ラングドン・シリーズ 映画第2弾、天使と悪魔 »

2009.05.16

ついにマナガの秘密が明かされ始める、アドレイション・ブラック

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック

すべてを「見通す」レプリシア。
彼女はマナガの抱える「罪」までも
白日の下に引きずり出そうとする。

時間軸は、先月発売の
レオン・ザ・レザレクター4巻よりも少し巻き戻り、
シェリカがトルバス神曲学院の2年ラストの進級試験の時期。

今回はマティアたちとの接点のないシェリカだが
代わりにポリ赤組との接点が出来た。

ポリ黒としては久々にポリ赤との関わりがでてきたわけだ。
奏でた神曲をコーティカルテにダメ出しされるものの
魂の輝きは肯定されたシェリカ。

そして、カリナとマレオミも、ちょこっとの登場で
イイ味を出している。
かげさんは、カリナのシーンがとてもイイと思う。

あとがきで
次回の「過去解明編」最終巻でも
キーキャラクターになるとされるシェリカ。
彼女の動向にも期待大だ。

さてさて、肝心のポリ黒の主人公、マナガとマティアだが
こっちもなかなか大きな動きが・・・

しかも、キネ黒の1話のオープニングでしか登場していない
エングルスの名が出てくるたぁ、驚きの展開だ!
まぁ、もっともエングルスの名が出てきた流れで
今回の事件の犯人はわかちゃったわけだが・・・

そういや、微妙にキネ黒2話(ポリ黒では8巻)の話も
若干出ていたっけ。

そして、今回の表紙を見たときから気になっていたことも
しっかりと本編中で出てきて、次巻に向けての伏線も
かなりイイ感じで張られているようにも思った。

ゾアハンターでもそうだけど、大迫純一の伏線の張り方
回収の仕方は、すごくイイと思っているし
すごく納得のいく展開で、熱い展開も多いから
今から続きがすげぇ楽しみです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: ついにマナガの秘密が明かされ始める、アドレイション・ブラック:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。