« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.30

はっぴ ば~すでぃ とぅ み~♪

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

かげさんも16進数で24歳になりました。
16進数は、微妙に実年齢を明かさない作戦です!(爆)

今日は客先で仕事を終えてから
会社に戻る用事があったのですが
机の書類には、おたおめ付箋紙が!

地元の飲み屋さんやら、妹からも
おたおメールが届きました。

良い1年にするぜぃ!(にやり)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.29

パンドラ三昧だった週末

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

こないだの週末は、パンドラ三昧だったかげさん。

まずは、DVD第3巻
PANDORAHEARTS DVD RETRACE:3
PANDORAHEARTS DVD RETRACE:3

第5話「時計回りの悪夢」
第6話「食い違った現在地」
第7話「深淵からの呼び声」
の3話が収録されてます。

ざっくり言うとレイヴンの正体が明らかになるところです。

望月 淳 画集「PandoraHearts」 ~odds and ends~
望月 淳 画集「PandoraHearts」 ~odds and ends~

続いて、パンドラハーツの原作者 望月 淳 の画集。
例によって、アニメイトで買ったので、特典が付いてました。
大きな画で改めてみると、良いイラストがたくさんです♪

「PandoraHearts」 オフィシャルアニメーションガイド ~パンドラボックス~
「PandoraHearts」 オフィシャルアニメーションガイド ~パンドラボックス~

基本的にアニメのオフィシャルガイドって
買うことがないのですが、
今回は、原作者と主要声優たちとの座談会とか載っているので
つい、買ってしまいました。

TBS系アニメーション「PandoraHearts」ドラマCD1 CDドラマシアター ベザリウス学園の悪夢
TBS系アニメーション「PandoraHearts」ドラマCD1 CDドラマシアター ベザリウス学園の悪夢

次は、アニメ声優陣によるドラマCD。
パンドラなのにアリスがいない、というちょっと変わった仕様になってます。
エリオットとオズの掛け合いが面白いです。

TBSアニメーション「PandoraHearts」パンドララジオスペシャルCD Vol.3 ~ロケ?海外?どこでラジオをやってるの!?~
TBSアニメーション「PandoraHearts」パンドララジオスペシャルCD Vol.3 ~ロケ?海外?どこでラジオをやってるの!?~

最後にパンドララジオ スペシャルCD Vol3。
既にパンドララジオで聞いて知ってましたが
なんと、今回はこのCD収録のためだけに韓国へ!

韓国だからブックレットが厚いかも!?
と思っていたら、これまでの2枚と同じくらいのボリュームで
ちょっとガッカリ。
内容は面白かったんだけどねぇ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.28

祝50,000アクセス!

| |コメント (2)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

なんか気づいたら
アクセスカウンタが50,000を超えているじゃないですか!

このところ記事更新頻度が
グ~ンと下がっているので50,000は来月かな?
と思っていたのでビックリです。

アクセスしてくれた皆さん
(*^-゚)v Thanks!!☆彡.

これからも続けていきますんで
よろしくねぇ~!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (2)|トラックバック (0)

2009.09.25

やっとレンタルできたスパナチュのシーズン4

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

SUPERNATURAL 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス(11+1枚組) [DVD]
SUPERNATURAL 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス(11+1枚組) [DVD]

シーズン3のラストでリリスによって
地獄の猟犬に切り裂かれた兄・ディーンは、突如棺の中で目覚める。
サムが悪魔と契約して、復活させたのかと思いきや・・・

新たに新キャラの天使が加わり、
前半のポイントと思われる「母親の謎」にも
触れられるエピソードを含むシーズン4。

まだ2枚目までしか見てないけど、
相変わらず、どのエピソードも質が高い!

既に本国ではシーズン5もスタートしているし
今後もスパナチュの動向には目が離せない!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.23

オホーツク干貝柱塩ラーメン

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

オホーツク干貝柱塩ラーメン
これもオータムフェストのたべものです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.22

アリアンロッド・サガ・ノベルの1、2巻

| |コメント (0)|トラックバック (2)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

アリアンロッド・サガ(1) ルーズ・ソードマスター (富士見ファンタジア文庫)アリアンロッド・サガ(2) ワンダリング・プリンセス (富士見ファンタジア文庫)


アリアンロッド・サガ(1) ルーズ・ソードマスター (富士見ファンタジア文庫)
アリアンロッド・サガ(2) ワンダリング・プリンセス (富士見ファンタジア文庫)

アリアンロッド・サガの一連のシリーズは
リプレイだけ完全読破していたんだけど
実は小説版は未読だった、かげさん。

無印リプレイの3巻でも小説版のキャラが出てきたり
無印のアルとブレイクのナーシアとの関わりが描かれている
小説版が気になってしまい、
ついに小説版にも手を出してしまった

で、内容の方は1巻が完全オリジナルで
2巻は、無印の1巻をベースにした内容となっていた。

まぁ、かげさんが知りたかったのは1巻の内容なのだが。

その1巻の方では、もうちょっとナーシアにスポットが当たるのかなと
思っていただけに、ちょっと拍子抜けした感じだ。

だからといって面白くないか?と問われれば、面白いと思う。
おそらくアリアンロッドRPGのリプレイを読んでいるので
言葉とかもフツーに分かるし、この描写は、あのスキルか!?
と思ったり、いろいろ想像しながら読むと楽しいのだ。

2巻の方もリプレイをベースにしているものの
後半は、ほぼオリジナルストーリーで、楽しんで読めた。
まぁ、ピアニィやベネットが個性的なキャラなので
それだけでも面白おかしくなるんだけどね。

無印では語られない、アルの演出用の2本の剣とかの話とかもあって
いろいろとつながりに気づけるところが楽しい要素かもしれない。

が、2巻のエピローグについては、リプレイを知っている人にとって
話が飛びすぎているような気がした。

だって、ピアニィが王女から女王になる過程が
すっぽり抜け落ちてるんだもん・・・

もしかしたら小説3巻とかで内容が補われるかもしれないが
小説版しか読んでいない人にとっては
いきなり話が飛びすぎているだろう。

今後に期待である。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (2)

2009.09.21

さっぽろオータムフェスト2009

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

大通公園でやっている
ご当地グルメを食べに行ってきました。

食べたのはコレ!
Sapatm2009_1

その正体はコレでした!

Sapatm2009_2_2

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.20

注目は第6話 無印 vs ファントムレイダーズ サガ無印リプレイ第3巻

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

アリアンロッド・サガ・リプレイ(3) 殺意のエトワール
アリアンロッド・サガ・リプレイ(3) 殺意のエトワール

一大プロジェクトであるアリアンロッド・サガの中でも
一際大きなコラボが発生!

ピアニィ率いるフェリタニア側のパーティと
サガ・ブレイク・シリーズのファントムレイダーズが
ついに直接対決!

16レベル同士のギルド・バトルは
通常だと、オープニング→ミドル→クライマックスとなる流れが
オープニング→クライマックスとミドル・シーンが全く無しで
熱い戦いが始まる!

しかも、なんだ、あのエンディングは!?
この後にも、さらに熱い展開だとぅ!?

いや、マジでこのシナリオ展開スゴイから!

これは続きが超楽しみです

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.13

キネティック・ノベル 「名探偵失格な彼女」

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

名探偵失格な彼女 初回限定版
名探偵失格な彼女 初回限定版

神曲奏界ポリフォニカの新作キネティック・ノベルの情報が
公開されていないかな?と思いocelotのHP
見に行ったら「名探偵失格な彼女」へのリンクがあった。
キネティック・ノベルの説明はこちら

そういや、「名探偵失格な彼女」って発売日が5月→8月末に延びてたけど
もう発売中じゃないか!
ということで、探偵物が好きなかげさんは
早速、ソフトを入手し、インストールしたわけだ。

第1話は、怪盗との対決を、
第2話では、犯罪王との対決が描かれる
2話構成となっている。

第1話については去年の11月に
名探偵失格な彼女 (VA文庫)
として書籍でも販売されているのだが
第2話がキネティックノベルで公開されることを知っていたので
買わずに我慢していたのだ。

お値段は、3,990円と、ocelotから出てる
キネティック・ノベルと比べて1,000円高い。

で、ocelotのものは声優がセリフをしゃべるのだが
コイツは、声優によるセリフが無い・・・
という感じでキネティック・ノベルとしての
コストパフォーマンスは、微妙な感じがした。

ただ、ストーリーとしては期待以上に面白かった。
音楽もマッチしていたしね。

作中には、「コレは探偵小説ではない。」
「探偵活劇だ」という言い回しが何度も出てくる。
たしかに、探偵小説ではない。
なぜって、探偵らしい探偵が出てこないからねぇ・・・

タイトルにあるとおり、主人公の「門崎かれん」は
名探偵失格どころか、探偵を名乗っちゃダメだろ!というキャラ設定。

あった途端に「貴女が犯人ですわ」と言ってのけ
説明もせずに犯人扱いした挙句、文字通り力技で自白をとろうとするという
名探偵の娘なのに、まるで論理的な思考にならない性格で
身体能力と直観力に優れただけである。

むしろ、語り部であるもう1人の主人公「橘木葉」の方が
探偵っぽい論理思考をしている。
まぁ、このあたりについては第2話で事情が分かる仕組みになっている。

さすがに二人の主人公は、なかなか魅力的なキャラである。

探偵物らしく登場人物は少なく、その少ない登場人物の内面を
徐々に描いていく様子が、謎が少しずつ明かされていく感じで面白い。

ライバルに位置づけられている「上月右近」は、
随分とヘタレなキャラになっているが
もうちょっと頑張った設定にしてあげても良かったかもしれない。

ストーリー的に続編が書ける展開なので
ラノベとして続きをどんどん出していくのも良いと思った。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.11

枕投げさせよう!

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

@ITでおもしろそうな記事を発見!
非プログラマのためのプログラミング講座

非プログラマのためのプログラミング講座。MITが作った「Scratch」を使って、ねとらぼのITちゃんに枕投げをさせるまでを解説する

講座1回目にして
「ネコを歩かせてしゃべらせる」ということを実現しちゃう。

実際にツールをインストールしてみたわけじゃないけど
記事を読んでいる限り、面白そうだと思った。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.09

絶賛、停滞中!

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

10月に受験する情報処理技術者試験の勉強が
絶賛、停滞中である

年始に立てた年間目標では
情報処理技術者試験で春と秋の両方とも合格!
というものだったのだが
今のままでは秋はダメそうな感じがしてる。

というのも、午前の部の学習本が、
まだ130ページほど残っているのだ。

一応、今年の春の試験の午前2の問題を
やってみると合格ラインに達していたので
もしかすると午前の部はイケるかも!
と思っているのだが、春にデータベースを受験したときと同様に
午後対策をしている時間がなさそうなのだ。

仕事が忙しい分、時間が取りにくいし
週末も土曜日はぐったりしてることが多いから
週末に取り返すのも結構難しいのだ。

せめて過去問題くらい一度はやっておきたいところだ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.08

16巻エピローグで登場した修道女の正体は!? ゼロの使い魔 17巻

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロの使い魔 17 黎明の修道女〈スール〉
ゼロの使い魔 17 黎明の修道女〈スール〉

才人とアンリエッタとの密会を
目の当たりにした傷心のルイズは失踪したまま。

そのルイズは、才人への刺客である元素の兄弟の1人
ジャネットの導きにより「ひっそりと身を隠して暮らせる場所」へと向かう。

そこで会ったのは、ジュリオより指輪を授かったジョゼットだった。
新たなロマリアの陰謀が動き出した。

という、ストーリー。

ルイズの失踪というシリアスな面が前面に出ている上
デルフがいなくなったから、重めな展開。
まぁ、マリコルヌがアホなところを出してくれてはいるが・・・

また、チョコッとしか出ていないが
エレオノールの方面でも話が動きそうな感じがしてるなぁ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.06

ぶるぅシリーズ2年ぶりに再始動、ポリ青第3巻

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

神曲奏界ポリフォニカ こんふゅーじょん・ぶるう
神曲奏界ポリフォニカ こんふゅーじょん・ぶるう

このところ、読書のペースがグダグダになってて
購入順序と読む順序がかなり入れ替わっていたりする、かげさん。

こいつも購入後、しばらく放置してた1冊です。
一応、表紙に8柱の始祖精霊の1人であるエステルが出てるので
今回もエステルが関わってくるのは予想してたのですが
いかんせん、ポリ青は主人公がニートなので
読み始めるに当たってテンションがあがりにくいんだよなぁ。
まぁ、読み始めるまでなんですがね。

読み始めると、読みやすい文体なのでサクサク読めるんだよね。

今回の物語の中心は、クルナが拾った精霊ケーマ。
2巻で登場したブラウクローネ号のサルベージも開始され
クルナやルーファがテロリストとして逮捕される。
クルナの弟リグルスとの関係もどうなることやら。

今回、ポリ青では初となる、完全に次に続くカタチでの終わり方なので
たぶん、あまり間を開かずに4巻が出るのでは?と推測してます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2009.09.04

ようやく購入、薔薇マリ12巻

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ
薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ

ようやく手に入れました。
これから読み始めます

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

薔薇マリ12巻が売ってない・・・

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

うーん、この2日間ほど
帰宅後に1日に発売された薔薇マリの12巻を探しているのだが
大きな書店が閉まってからの時間なこともあり
ぜんぜん見つからない・・・

週末にでもメロンブックスとかに行ってみるかな。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »