Amazon 初売り

« 現実に最も使える.NETのバージョン | トップページ | キネ赤の最新作、予約受付中! »

2009.10.07

ダブルインカム・ノーリスク戦略体験物語、30過ぎたら利息で暮らせ!

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

30過ぎたら利息で暮らせ! (講談社BIZ)
30過ぎたら利息で暮らせ! (講談社BIZ)

「利息で暮らせ」という文言がタイトルに含まれるので
金融関連の本かと思いきや
ジャンル分けすると、ビジネス小説に位置する本です。

かげさんがコレまでに読んだことのあるビジネス小説だと
ストーリーとして理論とかが分かるような感じなんだけど
キーポイントを抜き出そうとすると、ちょっと「まとめる」のには
時間がかかる印象がありました。

でも、この本は、小説なのに要所要所にKey Pointというカタチで
ちょっとコラムチックなまとめがあって
後からポイントを押さえるのにも
使い勝手が良くなっている、ところがです。

まだ78ページまでしか読んでませんが
ここまででは

ビジネスに使える「インストラクションのレシピ」

というところが、「大きな収穫」になる考え方でした。

インストラクションというのは説明のことで
その中には6つの要素があって
それがまとまっています。

かげさんがコレまで関わってきたプロジェクトで
「やりづらいなぁ」
「こんなことして意味があるのかな?」
「意味があっても費用対効果が低すぎねぇか?」
と思うことが多々あります。

で、具体的に自分でまとめたわけじゃないですが
この手の嫌な要素を因数分解してくと
6つの要素の何かが欠けているのが要因として
上がっていくんじゃないかな?
という印象を受けました。


本来なら、今月の情報処理試験の勉強とかをしてないとダメなんですが
もうね、かげさんにとって
「読書ってのはストレス解消」なわけですよ。

食う、寝る、遊ぶが一般的なストレス解消ですが
帰宅が遅い日々が続くと、遊ぶ元気も乏しいし
今の仕事って、いろいろモヤモヤ感があるので
気になって寝つきも悪いんだよね。

となると、食べることなんだけど
夜が遅いと外食するにも選択肢が限られるし難しいのだ。

映画っていうストレス解消をしようにも
このところ腰痛気味なので長時間座り続けるってのも
ちとツライ。

となると読書くらいしか、ストレス解消策がないわけだ。
現実逃避なのは、わかっているんだけどねぇ。

って、なんか、この記事の半分くらいは愚痴っぽくなってる!
ヤバヤバ・・・


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: ダブルインカム・ノーリスク戦略体験物語、30過ぎたら利息で暮らせ!:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。