かげさんの111から始まるHistory » 学問・資格 » 情報処理技術者試験2010春

« 試験前夜、2010春 | トップページ | 劇場版公開が間近なので、購入し忘れてたのを思い出したコミック “文学少女”と死にたがりの道化 第2巻 »

2010.04.18

情報処理技術者試験2010春

情報セキュリティスペシャリスト試験を受けてきました。

去年、データベーススペシャリストに合格しているので
午前Ⅰは免除です。

実は今回の受験申し込みは東京出張中に行ったので
合格時の情報が手元に無く
会社の総務に保管してあった合格証書のコピーをPDFにして
送ってもらったので免除で申し込みできました。
総務の方、ありがとうございます!
この場を借りて、改めてお礼しておきます。

さて、10:50の午前Ⅱからの受験だったわけだが
家を出たのは10:00ジャスト。
試験会場に着いたのが10:30くらいだったので
ちょっと遅かったかもしれない。
まだ、後2回ほど午前免除の権利があるので
次回以降は、家を出る時間をもう少し早めた方が良いかな。

肝心の試験内容だが、結論から言うと

「全体的に勉強不足です!」

まず、午前Ⅱだが、
回答に自信があったのは25問中わずか8問。
しかも、そのうちの1問は、問題を読み間違っていた・・・
で、ほぼ正解と思われるけど、確信が持てないのが6問。
これも1問は間違っていた。
で、言葉は記憶にあるんだけど
意味を覚えていないのが8問もあった。

そんななか
情報処理推進機構:情報処理技術者試験:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2010、平成22年)
を参考に答え合わせしたところ



一応、正解率71%で午前の合格ラインである
6割は突破していた。

でも、明らかに勉強不足な感じだ。
あやふやだったところは、早々に覚えておかねば!

昼休みを挟んで午後Ⅰ。
業務でJavaの経験があるので問1を選ぼうかと
思ったんだけど、穴あけ問題の解答で文章になる答えが
ピンとこなかったのでパスして問2と3を選択。
一応、時間ギリギリまで粘ってみたが
PGPとフィンガプリントが分からず、問3は2つ空欄が残った。

できとしては、微妙な感じ。
ここで落ちていても不思議じゃない。

最後の午後Ⅱは、
問1がDNSキャッシュポイズニングと
SPF(Sender Policy Framework)が覚えてなかったので
パスして問2に挑戦!

開始30分で回答が埋まったのは最初の穴埋め問題だけ。
SYN/FINが、イメージは湧くんだけど確実なところが分からなかった。
TCPの3ウエイハンドシェイクの最後のACKがないのが
ステルススキャンと覚えてたもんだから微妙に???となってしまった。
また、HTTP1.1のメソッドも分からなかった。

一応、そのあたり以外は、とりあえず解答欄を埋めてみたものの
いくつかの解答は文字数が余りすぎのところもあった。
16:00になったところで、これ以上考えても
答えが出てくるとは思えず30分残してギブアップ。

午後Ⅱは、まずダメと思われる。

仮に合格だったとしてもマグレ以外の何者でもない。
素直に秋を目指して勉強を始めた方が良いだろう。

もともと春で合格したら、秋はネットワークを受けるつもりだったので
ネットワークとセキュリティは、内容が重なるところも多いので
どちらにしても無駄にはならないはずだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: 情報処理技術者試験2010春:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。