かげさんの111から始まるHistory » 映画・テレビ » パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

« 起きれなかった・・・orz | トップページ | VMWareのセミナー »

2011.06.27

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 (竹書房文庫)
パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 (竹書房文庫)

昨日は試験を受けれなかったので
映画を見に行ってきた。

まぁ、もともとIMAX 3Dでの上映が最終日なのもあって
試験の後に見に行くつもりだったのだが。

全三部作からのメインキャストが変わって
ヒロインはキーラ・ナイトレイ→ペネロペ・クルスとなり
海賊が恐れる海賊「黒ひげ」をイアン・マクシェーンが演じる。

生命の泉で永遠の命を得るために必要な
泉の水、人魚の涙、聖杯。

もちろんジェフリー・ラッシュ演じるバルボッサも登場し
ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウとの
おなじみの掛け合いもある。

掛け合いではギブスとジャックの掛け合いも
相変わらず楽しくて良かった。

ペネロペ・クルス演じるアンジェリカ、
ヒロインに相応しい活躍ぶりだ。
最初から結構飛ばしている感がある。

そして人魚なんだけど
人魚シレーナを演じたアストリッド・ベルジェ=フリスベも
良かったんだけど、ビジュアル的には最初に登場した人魚の
ジェマ・ウォードの方が良かったように思うなぁ。

もっともジェマ・ウォードは
モデル出身なので演技は微妙なのかもしれないが・・・

宣教師フィリップ役のサム・クラフリンも
パイレーツでなければ主役とかもできそうな印象だった。

パイレーツらしく、非常にスケールのあるシーンが多く
圧倒的なビジュアルに3D効果で奥行きも加わり
とてもエキサイティングだった。

ワールド・エンドのようにスタッフロールの後に
何かシーンがあるんじゃないかと思っていたら
案の定、意味深なワンシーンがあった。

5作目の存在が分かっている分
もしかして次回作への伏線か?
と思ってしまう。

次回作も期待大だ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。