かげさんの111から始まるHistory » パソコン・インターネット » MMDの箱型アクセサリを作ってみた

« PSPでSenses Circuitで提供されている音楽を鳴らせた! | トップページ | 七夕だけど、北海道は8月7日なんだよなぁ »

2011.07.04

MMDの箱型アクセサリを作ってみた

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

メタセコイア(MetaseqLE R2.4)を使って
箱型のアクセサリを作ることにした。

といっても基本図形で立方体のオブジェクトを作るだけ
という最も初歩的なものだ。
一応、面の材質(UVマッピング)を付けてみた。

これをDirect3D Retained Mode(*.x)で保存。
X ExportダイアログでUVマッピングにチェックを入れてOKっと。

これでMikuMikuDanceでアクセサリが読み込めるはず。



あれ?UVが張られていない。
こんな風になった。
Boxng

むむ?何を間違った?

原因をググってみたら、
正にかげさんがやろうとしたことと同じ
こんな動画を発見!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5325224

おぅ!
メタセコイアでUVマッピングのファイル名を指定するとき
参照ボタンで指定するとフルパスのファイル名になるんだが
パスを抜かなきゃ駄目なのか!

そういやアクセサリを配布している人のデータって
.xファイルと同じディレクトリにUVマッピングの画像ファイルがあるな。

ということで、ちゃんとUVマッピングしたのがコレ。
Boxok

うまくいったぜぃ!


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: MMDの箱型アクセサリを作ってみた:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。