かげさんの111から始まるHistory » 書籍・雑誌 » ちょっと遅いけど、未読だった「文学少女」関連を読んでみた

« なでしこジャパン、ワールドカップ初制覇! | トップページ | 裏目軍師が主人公のアリアンロッド・サガ・ノベル・デスマーチ »

2011.07.20

ちょっと遅いけど、未読だった「文学少女」関連を読んでみた

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)
“文学少女”と恋する挿話集4 (ファミ通文庫)

挿話集の最終巻。
半分くらいFBOnlineに掲載されていた内容です。

注目は、美羽/ななせ/遠子の「その後」を描いた書下ろし。

本編2巻目の「飢え渇く幽霊」との関連では
「蛍」についても触れられていました。

本編4巻以降、心葉との関係が深まりつつも
卒業、見習いシリーズの流れもあったので
予想通りの展開でしたが
かげさんは、「その後」については
ななせの話が気になっていました。

一番最後の話を読んでから
全シリーズ最終巻である次の本を読むと
遠子もずいぶんメールとか使えるようになったのねと思ったりして。

半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)

最後に来て新しい人物が登場。
編集者となった遠子の担当する作家たちです。

心葉と違った作家達の思考回路は
なかなか面白いです。
そういやGA文庫の「ライトノベルの楽しい書き方」シリーズも
変わった設定だったっけ・・・

話が脱線したので元に戻そう。

この巻は1冊で1つの長い話となっているわけではなく
4つの短編になっています。

特に最後の話。
そういえば「この人」のその後って無かったわ。
気になるよな確かに。

最後の最後で、「うわ!こうつながるのか!」という
全シリーズ最終巻に相応しい終わり方でした。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: ちょっと遅いけど、未読だった「文学少女」関連を読んでみた:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。