かげさんの111から始まるHistory » スポーツ » 甲子園2回戦、白樺、惜敗

« 生命反応あり。とても暑い部屋で生きているとです。 | トップページ | 3人の主人公が揃い、物語が動き出す、新約とある魔術の禁書目録第2巻 »

2011.08.14

甲子園2回戦、白樺、惜敗

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

北北海道代表の白樺は、
智弁和歌山と対戦。

初回、先頭バッターが3塁打を放つもその後が続かず。

最初の守りは、甲子園初登板のエースが制球が定まらず
2つのフォアボールを与えたところで
前の試合、投げた川越が1回から登板。
初球を外野へ運ばれ2点を失った。

一時は4点差になるものの
降板したエース小林が満塁ホームランで振り出しに戻す。

そしてキャッチャー佐々木のソロホームランも飛び出し
この試合始めてのリードを得た。

しかし、智弁和歌山も途中出場のキャプテンが
タイムリーを放ち、延長戦へともつれ込む。

延長でもリードをしたのは白樺だったが
最後の最後で惜しくも敗れた。

とても良い試合をしたと思う。
白樺ナインお疲れ様でした。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: 甲子園2回戦、白樺、惜敗:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。