« 結月ゆかりにTwitterタイムラインを読んでもらう | トップページ | ミクミキサー(AG03-MIKU)のセッティング »

2015.06.02

サウンド関連の処理を調整中

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

5月中にサウンド回りの調整をしようと思っていたんだけど
一番厄介なところのデバッグをするにあたり
そろそろデバッグボイスを使おうかと思って
ボイス関連の仕様をまとめていました。
(とりあえずデバッグ用ボイスは11種類ほど作りました)

結局、関連してゲームエンジン・アーキテクチャの第2版の
「第13章 オーディオ」のキャラクターの対話の部分をまとめたりしてたから
5月末には終わらなかったんだよなぁ・・・

デバッグボイスだけでなく
シナリオボイスでやりたいこともまとめつつ
ゲームエンジン・アーキテクチャの第2版を見ながら実装の方向性を調整し
DXライブラリの関数や初音ミク冒険記の既存処理を
うまく使うような感じで考えてます。

シナリオボイスについては
本当はミクやルカの声で作業したいところなんだけど
VOCALOIDでトークボイスを作るのは時間がかかるし
実装してみた時の感覚をつかむ意味で
最初は、CeVIO Creative Studioの「さとうささら」と「ONE」あたりで
仮ボイスを作ろうかなぁと思ってます。

CeVIO Creative Studioにしようと思ったのは
1画面でトークボイスの切り替えとかセリフをまとめられるので
シナリオボイスの短めのところとかをサクッと作って
お試しで動かしてみやすいと感じたからです。

かげさんの環境だとCeVIO Creative Studioでは
・さとうささら
・すずきつづみ
・タカハシ
・ONE
の4キャラクターが切り替えながら使えるので
いろいろとバリエーションを作れるんじゃないかと。

VOICEROIDの結月ゆかりexやMegpoidTalkもあるから
6キャラクター分までのボイスは作りやすい状態です。

各ソフトに得手/不得手、使い勝手の良いところ/悪いところがあるので
使いながら慣れていく必要がありそうだなぁ。

何かわかったことがあったらtracのWikiページにまとめていくって方針ですかね。

デバッグボイスだけなら、割りと簡単そうだったんだけど
シナリオボイス関連まで考え始めちゃったこともあり、
6月はサウンド関連が中心作業になりそうです。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: サウンド関連の処理を調整中:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。