« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016.04.24

テクスチャの黒抜き

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

初音ミク冒険記でも試練の洞窟から出た時に
レンズフレアのエフェクトがある。

元々、下図のようにAstlibra本編の第1章の最初の演出として
レンズフレアがあって
初音ミク冒険記のレンズフレアは、それのマネで作ったものだった。
Astlibra

プログラムの作りとか、エフェクトの向きの都合で
完全丸パクリではないものの
白いテクスチャを使ったものとかは、その名残だったりします。

一応、Game Programing Gems Vol.1の
2Dレンズフレアの章を参考に
自分でテクスチャを作って、
1フレームごとに直線になるようにテクスチャを回転させて
それっぽくなるように作ったつもり。

が、やっぱりレンズフレアだから色が白だけってのも寂しい感じがしてた。

AfterEffectsの標準エフェクトの中にレンズフレアがある。
それを使うと、当然、色もそれっぽくなる。

が、AfterEffectsで作ったエフェクトは、ゲームではそのまま使えない。
このため、調整したレンズフレア画像を
アルファブレンドした画像が必要になる。

でもレンズフレアの画像をアルファブレンドで作ってしまうと
光具合とかの見た目が確認しづらい。
そうなると黒背景で画像を作ったりする必要が出てくるわけだ。

ようやく本題の「黒抜き」にたどり着きました。

AfterEffectsが起点なので、まずはAfterEffectsでの黒抜きから。
黒抜き前の画像はコチラ
Aftereffects

黒バックの素材から被写体付のアルファチャンネルを自動生成には
Knoll Unmult(ノル アンマルチ)というプラグインを使います。
http://www.flashbackj.com/red_giant/free_plugin/

これはTrapcodeなどを出しているRed Giant 社の無償プラグインです。
使い方は下記の動画を見ると分かりやすいです。

Aftereffects 使い方講座 チュートリアル 素材の黒バックを抜く 透明グリッド Knoll Unmult その他ルミナンスキーで白抜き黒抜き tutorial きせりのCGTV
https://www.youtube.com/watch?v=jHuNWDDKIIo

Aftereffectsで黒抜きした後は
メニューの「コンポジション」-「フレームを保存」-「ファイル」を選択し
レンダーキュータブから「レンダリング」すればPhotoshopのファイルを出力できる。

次にPhotoshopで黒抜きしたい場合。
下記のサイトで配布されているUn-Multiplyアクションで行う。
http://www.ayatoweb.com/download/down04.html

■インストール方法
かげさんのPhotoshopはCS6なので
Photoshop Action File for MacOSX・Windows(Photoshop CS5・CS6)をダウンロードしました。

Photoshopのウインドウ>アクションで、アクションパレットを開き
アクションパレットのミニメニュー「アクションを読み込み...」から
ayato@web.atnを開く。(Photoshopのアクションフォルダに直接入れると反応がないので注意)
(MakeFillとUnMultiplyの両方がインストールされる)

なお、「UnMultiply」の実行をする際、ダイアログが表示されて戸惑うかもしれないが
何も考えずひたすらOKを押していくと目的の加工が終了する。

この状態が黒抜きで、白抜きをしたい場合、Ctrl+Iで白黒反転させてから行うと良い。

<適用時の注意>
・RGBモードで適用する(CMYKモードでは動作しない)
・レイヤー状態で適用する(背景状態ではうまく動作しない)
・不透明の状態で適用する(透明部分が存在するとうまく動作しない)

かげさんが使ってて、ちょっとハマったのは
アルファチャネル5が作れないと出る時で、
これはアクションの履歴を綺麗にすると解消されました。

さて、これで黒抜きができるようになったわけで
早速、レンズフレアの処理を変えてみた。

が・・・
静止画で見ると結構差があると思ってたのだけど、
ゲームとして動かして動画比較したら、
スゴく良く見てないと気づかないくらいの差にしかならなくてガッカリ・・・orz
Photo

オレンジの部分が黒抜きで緑っぽくなってて
背景に同化しやすくなってしまい
薄い青もちょっと微妙。

まぁ、15~20フレーム(0.25~0.33秒)のエフェクトなので
アルファブレンドされた薄い色合いだと思ったほどの
見た目の変化じゃないのねってことでした。

黒抜き自体は、今後、Optical FlareやTrapcode StarGlowとかで
テクスチャを作ろうとした時に使える方法なので
今回の実験は完全に無駄だったわけじゃないってことで良しとしよう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

2016.04.17

たまに近況を書いてみる(LeapMotionのことが多め)

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

2月に入ってから仕事に支障が出るレベルで体調が悪くて
記事更新が滞っているかげさんです。

去年の9月、11~12月も体調が悪かったので
慢性的に体調が悪い感じで、病院で検査を受けたりもしてました。

体調が悪いとやる気も集中力も落ちてしまうので
みなさんも健康管理には気をつけてくださいね。

と、これだけだと近況としては寂しいので、もうちょっと書いてみよう。

■初音ミク冒険記について
細々とですが、開発を続けています。

集中力が落ちている関係で、tracで管理している作業チケットを
行き当たりばったりで、小さなものを消化したりしてます。

各作業につながりがなく、小さいことなので
あまりブログで紹介するような内容でもないことが
記事が少ない要因でもあります。

■LeapMotion
これまで記事にはしていませんが
ヨドバシのポイントが貯まったのでLeapMotionをゲットしました。

LeapMotionは「手」や「指」、「指示棒」などの動きを検出するセンサです。
どんなものかは、下記の動画で見てもらうと良いかも。


【国内正規代理店品】 Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム

amazonだと、こっちのリンクのほうが安価ですね。

下記の本を参考にプログラムしてます。

LeapMotionプログラミングガイド[改訂版] (I・O BOOKS)

集中力を欠いているため、まだ指の検出までしか進んでません。
Photo

PrintScreenキーを押す関係で画像は左手だけですが、
ちゃんと右手も検出しますし、
リアルタイムに指の動きを検出してます。

2

左右の手や指などのフィルターをして
スワイプ、サークル、キータップ、スクリーンタップ
といったジェスチャーを検出できるようになってくると
結構便利かなと思っています。

将来、Oculus Riftを入手時に使えるんじゃないかというのがあって
実は、結構前からLeapMotionには目をつけていました。

もっともOculus Riftの製品版が想定より、かなり高額だったのでので、
そもそも予約すらしていないんですが・・・

今のところ、使いみちとしては、アプリケーションランチャとか
デュアルディスプレイでの
マウスカーソル移動の高速化やアプリケーション切り替え、
現在マウス位置の視認しやすいマーク表示といったことで使おうかな?
と考えています。

ありていに言うと、初音ミク冒険記の開発で不便に思っていることの
解消の入力インタフェースに使おうって感じですね。

どこかのタイミングでLeapMotionについては、
別途記事を書きたいなぁ、と思ってます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »