Amazon 初売り

« Visual Studio 2017のインストール | トップページ | 2018年大晦日 »

2018.12.10

NTFSフォーマットでデータを書き込んだHDDをFAT32に変換する

| |コメント (0)|トラックバック (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

次の記事では、初音ミク冒険記を題材として
Visual Studio 2017でビルドした際に出たエラーに対処します。

と書いておきながら2ヶ月ブログの更新がなく
その上で別の記事を書いているかげさんです。(;^_^A

この記事では、NTFS フォーマットでデータを書き込み済みの HDD を既存データを失わずに FAT32 に変換する方法を書いていきます。

目次

この記事を角にあたっての背景

PS4 で撮りためたスクリーンショットを
PC に持って来るにあたり
これまで使っていたUSBメモリよりサイズが大きいので
USB ハードディスクを使おうとした。

しかし、うちにある USB ハードディスクは
ことごとく NTFS(Windows NT File System)でフォーマットしているため
PS4 では認識しない。

USB のハードディスクにある既存データは失わずに
NTFS → FAT32 にディスクフォーマットを変換したい

ということで、NTFS フォーマットでデータを書き込み済みの HDD を既存データを失わずに FAT32 に変換する方法を書いていきます。

CONVERT コマンドは使えない

FAT32のハードディスクをNTFSにするのは、
コマンドラインでCONVERTコマンド一発で行けるんだが
逆の NTFS ➡ FAT32 を行おうとすると、
NTFSドライブにCONVERTは使用できません」という
メッセージが表示されてしまう。

既存データを失っても良ければ、
FAT32でフォーマットすれば良いだけなんだが
既存データを活かしたまま変換したいのだ。

フリーソフト AOMEI Partition Assistant での変換

そこで「コマンドを利用しNTFSをFAT32に変換!」という記事に
書かれている「AOMEI Partition Assistant」という
フリーソフトを使って変換を行うことにした。

上記リンクはソフトの公式サイトっぽいので
ソコに書かれている手順に従い操作するだけで良い。

これで無事に PS4 からスクリーンショットを吸い出せるぜぃ。

▼2023/06/21追記 ここから

PS4 からスクリーンショットを吸い出すにあたり▼コチラの記事もどうぞ!

同じUSBメモリで、PS4のスクリーンショット8GBコピーに「5日以上かかる」のを「2時間半」に高速化

▲2023/06/21追記 ここまで

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)|トラックバック (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

トラックバック

この記事へのトラックバックの一覧です: NTFSフォーマットでデータを書き込んだHDDをFAT32に変換する:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。