Amazon 初売り

« Jenkinsの「ジョブ設定」をバックアップするバッチファイルを作ってみた | トップページ | YouTubeの「動画が一時停止されました。続きを視聴しますか?」のメッセージを非表示にする »

2019.10.28

BunBackupってコピー対象からシンボリックリンクを除外できたのね

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

かげさんは、普段のマシンの重要フォルダのバックアップに
BunBackupというフリーソフトを使っています。

実は、これまで毎回、バックアップ時、
Jenkinsのフォルダにある
「シンボリックリンク」のコピーに失敗していたんです。

シンボリックリンクとは?って方は、
シンボリックリンクの使い方と落とし穴
ってQiitaの記事を読むと良いかもです。

まぁ、シンボリックリンク使う人は限られてるだろうし
設定関連に無いし
フリーソフトだから対応してないんだろうな…

と思っていたのですが、
実際には、Ver4.0から
コピー対象からシンボリックリンクを除外できたのね…

BunBackupのサイトで
対象ファイル・除外ファイルでファイル属性を指定できる機能を追加 
という記事に書いてありました。

「バックアップ詳細設定」の「バックアップ方法」タブにある「除外ファイル」で
設定できる属性は以下のものがあります。

設定できる属性名 設定できる属性の意味
<ReadOnly> 読み取り専用ファイル
<Hidden> 隠しファイル
<SysFile> システムファイル
<Archive> Windowsアーカイブ ファイル
<Temporary> 一時ファイル
<SymLink> シンボリックリンクファイル
<Compressed> 圧縮ファイル
<Encrypted> 暗号化されたファイル

この機能は、シンボリックリンクファイルや隠しファイルを
バックアップ対象から除外したいという要望から生まれた機能で
設定に無い理由も書かれてました。

「シンボリックファイルを除外する」
という設定項目を表示しても、
多くのユーザーさんは「シンボリックリンクファイルって何?」
と疑問に思うのではないかと考えたからです。
(このようなことから、この機能を長い間追加できませんでした)

使うユーザーが少なく、理解しづらい設定項目は、
できるだけ表示したくないということから、
このような設定方法にしています。

ということでした。

気づかなかったわけだ。
ヘルプまでは調べなかったもんなぁ…

これで今後はシンボリックリンクのエラーが出なくなるぜぃ!


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。