かげさんの111から始まるHistory » かげさんの123から始まるミステリー 不定期連載 » 「かげさんの123から始まるミステリー」を始めた理由 その2

« 「かげさんの123から始まるミステリー」を始めた理由 その1 | トップページ | ルール集を公開 »

2020.02.06

「かげさんの123から始まるミステリー」を始めた理由 その2

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

昨日の記事
「かげさんの123から始まるミステリー」を始めた理由 その1】では

購入する側は、
同じオススメされるなら、
信用できる人からのオススメの方が
安心感があって良いと思う。

「継続的に収入を得たい」から
「継続して何かしていること」を
信用してもらうのはどうか?

そのためにできることは何か?

毎日、ブログを更新すること?

やろうと思えば、
それなりに連日投稿はできるはず!

というところまで書きました。

その続きです。

でも、やろうと思うと難しい!

実は2019年11月11日あたりから、
できるだけ日数間隔を開けずブログの記事を
投稿しようとしました。

が、できてない!

ポツポツと日が空くんです。

以前はできていたのに、なぜ!?

理由は単純

記事投稿の条件(ハードル)が上がったからだ。

以前できていたのは、
単純に連日投稿だけが目的だったから。

日が変わる直前でも
本文が1行しかなくてもモブログで投稿したり、
仕事の飲み会とかがあったら
その日の料理の写真をモブログで載せるなど
とにかく「連日投稿すれば良し」
という感覚でやっていた。

ハードルが低かったからできたのだ。

どんなハードルにしてたのか?

その説明の前に、
ハードルを上げることになった経緯を書こうと思う。

どんな経緯があったの?

大前提として、
このブログは2005年1月11日に開設してる。
その上、前述のように
「何でも良いから連日投稿」してた時期もある。

長くやっていることもあって、
記事の数だけは、それなりにある。

具体的には、この記事の投稿前で2,623の記事がある

これだけあるとカテゴリ数も多い。

雑記ブログ、特化ブログという切り口だと
このブログは雑記ブログである

だから「雑記ブログを上手に運用する方法
みたいなサイトをいくつか読んで、
割と多く書かれていることをやってみようとした。

雑記ブログの特性

「何かに特化したブログ」ではないので
記事のネタとしては、いろいろと書ける。

ただし、「専門性を高めることが難しい」とも言える。

このため、雑記ブログであっても
ある程度テーマ(カテゴリ)を絞って
専門性を高めていくのが良いようだ。

Googleが、専門性の高いサイトを上位に表示する
という舵を切ったこともあり
雑記ブログを成長させていくには、
専門性を高めていくのが効果的というわけだ。

役立つ情報を書こうとしたら

ブログへの流入経路の中で
検索結果からの流入を考えると
上位に入らないことには、そもそもは見に来てもらえない。

何らかの形で役立つ情報をコンテンツ化する」必要がある。

それも、ある程度知識が無いと難しい。

検索エンジンで「何らかの形で役立つ情報」にたどり着くには
「キーワード選定」から始めていくことになる。

そもそもキーワードを絞り込むほど
カテゴリや記事ネタを考えて作っていたわけじゃない
これから雑記ブログを始める人には良いアドバイスなんだろうけど
既に15年もやってるから、絞りこむこと自体が難しい。

「何らかの形で役立つ情報」ということは
日記とか書いても、友人知人じゃなきゃ興味もないよ
という話である。

ここで日記系カテゴリが、めちゃくちゃ書きにくくなった。

この情報誰の役に立つのかな?、そもそも役に立つのかな?

そんなふうに思うと、書くこと自体が苦しくなってきた。

書けなくなってしまう日も結構あった。

まとめ

簡単に言うと「いろいろ一度にやろうとしすぎて疲れてしまった」。

ここまではOKだ



| | コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。