Amazon 初売り

« SwitchBot API を使った SwitchBot 加湿器の curl コマンド(まとめ) | トップページ | 雪、多すぎだろ… »

2022.02.21

SwitchBot カーテンでカーテンを自動開閉しよう!

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

カーテンを自動で開ける、いわゆる目覚ましカーテン

正直、目覚ましカーテンは、値段が高い印象でした。両開きのカーテンだと2つ必要だし、1つが高い…

かげさんの場合、候補は2つありました。

  • Nature Remo 3 が対応している mornin’plus (モーニンプラス)
  • SwitchBot カーテン

ここでも起きる Nature Remo / SwitchBot の選択問題(笑)

かげさんが購入したのは、SwitchBot カーテンでした。



witchBot カーテン 自動 開閉 スイッチボット - Alexa Google Home IFTTT イフト Siri LINE Clovaに対応 スマートホーム 遠隔操作 取付簡単 ソーラーパネルで充電可能 U型/角型レールに対応 8Kgまで対応


めざましカーテン mornin’ plus(モーニンプラス) スマホ連動型カーテン自動開閉機 太陽の光でスッキリ目覚める 新機種 MN-C02 2018年度グッドデザイン賞受賞

SwitchBot カーテンにした理由

通常価格だと mornin’plus のほうが安いんですけど、単純に昨年のブラックフライデーセールの割引に釣られました(笑)

割引された価格が、mornin’plus と似たような値段だったので、元々が高い方を選んだという話だったりします。

後付の理由を上げるとしたら

  • SwitchBot API を使った制御もできる
  • SwitchBot カーテン用のソーラーパネルが M5Stack とか 他の USB Type-C の充電にも使えそうだと思った
  • SwitchBot リモートボタンに相当するものをリモートボタン以下の値段で作ると面白いかも?

といったことがありました。

まぁ、SwitchBot API での制御は、Nature Remo Cloud API を使うことで代用できそうとも思いましたが(^^)

リモートボタン以下の値段で作るというのは、具体的にはダイソーで売っている Bluetooth シャッターや M5Atom Lite とかを使えないかな?って考えてました

まぁ、Bluetooth シャッターを使うってのは、ホームゲートウェイ(中継機)を経由する想定だったので、厳密にはリモートボタンの1980円より高くなりそうでしたが…

それも Raspberry Pi Zero をホームゲートウェイにする気だったので、ギリギリ1980円よりは安く済ませれるかも?と思っていました。

SwitchBot API を使ったカーテン操作の記事はコチラ▼

SwitchBot API を使った SwitchBot カーテンの curl コマンド(まとめ)

ここまではOKだ



witchBot カーテン 自動 開閉 スイッチボット - Alexa Google Home IFTTT イフト Siri LINE Clovaに対応 スマートホーム 遠隔操作 取付簡単 ソーラーパネルで充電可能 U型/角型レールに対応 8Kgまで対応


SwitchBot スイッチボット カーテン専用 ソーラーパネル スマートホーム-太陽パネル 太陽光で充電 ソーラー充電 取付簡単 ケーブル不要


SwitchBot スイッチボット リモートボタン ワンタッチ SwitchBotボット・カーテンに対応 - スマートホーム 置き場所自由 遠隔操作 Bluetooth5.0

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。