« かげさんが Windows 版の Node.js をインストールしたい理由 | トップページ | 自宅の Raspberry Pi Zero の IP アドレスが分からなくなったので調べてみた »

2022.11.11

Node.js をインストールしてバージョン番号を確認する

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

さて「かげさんが Windows 版の Node.js をインストールしたい理由」に書いたように Node.js をインストールしたいので、早速インストールしていきます!

Node.js のインストール

まずはこちらの「 Node.js の公式ページのダウンロードページ」に移動します。

Nodejs01

今回は Windows 64ビット版をインストールしたいので LTS ( Long Term Support:長期サポート)版、64-bit Windows Installer (.msi) をダウンロードします。

Nodejs02

ダウンロードしたインストールファイルをダブルクリックしてインストーラを起動します。

Nodejs03

Next」ボタンを押下。

Nodejs04

「I accept th teams in the License Agreement」にチェックを入れ、「Next」ボタンを押下。

Nodejs05

必要に応じてインストール先のフォルダを変更し、「Next」ボタンを押下。

Nodejs06

必要に応じてカスタムセットアップの設定をします。今回は、特に変更せず「Next」ボタンを押下。

なお、設定を変更する場合でも npm package manager はインストールしておきましょう。

npm は、Node.js のツールやパッケージ(モジュール)をインストールしたり管理するツールです。

Nodejs07

ネイティブアドオンのビルド設定は、特に変更せず「Next」ボタンを押下。

Nodejs08

インストールを開始するため「Install」ボタンを押下。

Nodejs082

しばらくすると「ユーザーアカウント制御」の画面が出るので「はい」ボタンを押下

Nodejs09

インストールが始まるので暫く待つ。

Nodejs10

インストール完了のため「Finish」ボタンを押下。

Node.js のインストール後確認

Nodejs11

Windows キー + R キーを押下し、「ファイル名を指定して実行」を起動し、「cmd」と入力し「OK」ボタンを押下。

※今回はコマンドプロンプトからの実行を紹介しますが、Node.js は Windows Power Shell からも利用できます

Nodejs12

Node.js がインストールされていることを確認するため、下記のバージョン番号確認コマンドを入力します。

node --version

バージョン番号が表示されます。

合わせて npm (Node Package Manager)も正しくインストールされていることを確認するため、下記のバージョン番号確認コマンドを入力します。

npm -v

バージョン番号が表示されます。

とりあえず、現時点はここまで。

今後は、Node.js を使った記事も紹介していくよ!

ここまではOKだ



Node.jsの入門書。対象読者は、フロントエンド開発の知識はあってもサーバサイド開発は知らないエンジニアや、他言語の経験はあってもNode.jsは触ったことがないプログラマー。
本書のゴールは、読者がNode.jsの全体像を掴み、業務レベルでのアプリケーション開発に対応可能な知識を身につけることです。


Node.jsの入門者向け書籍です。2018/8に出た「Node.js超入門 第2版」の改訂版です。改訂内容は新バージョン14対応、データベースはSQLite3、ORMはSequelizeに変更しています。CSS関連はBootstrap利用、Expressは最初からGeneratorを使う形で解説しています。
Node.js未経験者から、既存の入門書などで挫折した人までより多くの人がついていけるよう、手取り足取り教える内容です。


本書は
「Get Programming with Node.js」
Jonathan Wexler, Manning Publications Co, 2019
の翻訳書です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。