« 脆弱性問題解消のため、npm audit を実行してみた | トップページ | Nreal Air と Nreal Adapter のファームウェアをアップデートしたことで、Nreal Air で PS4 の画面が映って音が出るようになったよ! »

2022.11.21

toio と M5 の ATOM シリーズをつなぐ ATOM Mate for toio™

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

toio + IoT をしようと考えていたので、当然のように toio + M5Stack シリーズを連動するつもりだった、かげさん。

toio と M5Stack の ATOM シリーズをつなぐ「 ATOM Mate for toio™」が11/15に発売されていたようです。

実は、かげさんの手持ちには、このように既に toio と ATOM シリーズは揃っている。

Toioatom

これは、買うしか無いのでは!?(笑)

▼2022/11/23 追記 ここから

商品説明には ATOM Lite ATOM Matrix 組み合わせて使用できます。

と書いてあったけど、Echo は??と思っていたら、淳【Jun】(@GEH00073)さんからツイート

なるほど、UiFlow のファームウェアを書き込むと行けるのか!

ATOM Mate for toio™には、Time-of-Flight(ToF)方式による距離検出センサVL53L0Xと90 mAhのバッテリ充電用ICチップ TP5400が搭載されている。

ToF センサがあるから、モノに衝突しないように制御もできるし、バッテリーがあるのも良いね。

バッテリーとしては、ATOM TailBAT が 190 mAh なので、バッテリ容量は TailBAT の半分以下だけど、動き回れる toio に載った ATOM に給電用に USB ケーブルとかが付くよりは、動きが阻害されない分、良いんじゃないだろうか。

▲2022/11/23 追記 ここまで

ATOM Mate for toio™は toioの上に「 ATOM Mate for toio™」を載せて、その上に ATOM LiteATOM Matrix を載せる感じで使います。

実際に積み重ねた例は、下記のツイートを見てください。

 

 

下記のスイッチサイエンスのツイート「ATOM Mate for toio™」のリンクから購入できます。

ここまではOKだ



サイズわずか24 x 24mm
ESP32-PICO搭載
赤外線LED、 RGB LED、ボタン、USB Type-Cコネクタ搭載
GROVE互換
Arduino、UIFlow対応


サイズわずか24 x 24mm
ESP32-PICO搭載
5 x 5 RGBマトリクスLED、赤外線LED、IMUセンサ、USB Type-Cコネクタ搭載
GROVE互換
Arduino、UIFlow対応

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。