« Node.js をインストールしてバージョン番号を確認する | トップページ | ん? npm のバージョンが古い? »

2022.11.12

自宅の Raspberry Pi Zero の IP アドレスが分からなくなったので調べてみた

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

Windows に Node.js をインストールする記事「Node.js をインストールしてバージョン番号を確認する」も書いたので、TP-Link Tapo L510E/L530E を操作する記事をそろそろ書きますか。

と思って Windows PC から TeraTermRaspberry Pi Zero につなごうと思ったんだが、Raspberry Pi Zero の IP アドレスが、DHCP のせいで以前と違ってやがる…

そういや、Raspberry Pi Zero を固定 IP にするのスッカリ忘れてたわ…

以前に IP アドレスを調べたことがあったんだけど、その調べ方も含め、メモってなかったのよね…(;^_^A

で、どうやって IP アドレスを確認しよう…となってしまったので、今回は、自宅の Raspberry Pi Zero の IP アドレスを調べてみました。

参考情報を探してみた

参考にしたのは、Qiita(キータ)で@xshellさんが紹介していたコチラの記事です。

同じLAN内に接続したRaspberry PiのIPアドレスを調べる

この記事の良いところは

  • Macの場合
  • Linuxの場合
  • Windowsの場合

のように OS ごとに「同じ LAN に接続した Raspberry Pi の IP アドレスを調べられる」こと。

見覚えあるから、たぶん、かげさんが以前に調べた時も、この記事を読んだんだと思う。

調査結果をまとめた Excel 表を見ても、そんな印象を受けたもの。

Windows での IP アドレスの探し方

Windows では ARP(読み方はアープ。Address Resolution Protocol の略)を使って MAC アドレスを宛先の IP アドレスを求めていく。

MAC アドレス(読み方はマックアドレス)は、ネットワーク機器を特定する48ビットの物理アドレスで、上位24ビットがメーカーに割り当てられているため、その値でメーカーを識別できるようになっている。

つまり、MACアドレスのメーカー情報から Raspberry Pi を出しているところを特定すれば、Raspberry Pi の IP アドレスを特定できるのだ。

もっとも、Raspberry Pi が同じ LAN 内に複数あれば、機器特定には至らず、Raspberry Pi 候補を絞り込むまでしかできないんだけどね。

なお、MAC アドレスは、一般的に 16 進数表記されるため、XX-XX-XX-YY-YY-YY 形式か XX:XX:XX:YY:YY:YY 形式で表示される。

Windowsだと - 区切りで、Linux だと : 区切りっぽい。なので、区切り文字の - や : は適宜読み替えれば良いです。

先に書いたように上位24ビットである XX-XX-XX や XX:XX:XX の部分からメーカーを特定できます。

Raspberry Pi の場合、「b8:27:eb:~」、または「dc:a6:32:~」や「e4:5f:01:~」や「28:cd:c1:~」から始まります。

具体的に調べるコマンドは 2 段階に分けて実行する。

第 1 段階ローカルネットワーク内の IP アドレスに ping を実行して arp テーブルに記録する

for /l %i in (0,1,255) do ping -w 1 -n 1 192.168.1.%i

IP アドレスの 192.168.1.%i の部分は、IP アドレスの . で区切った第 3 オクテットまでを調べるネットワークによって変更します。

例えば、デフォルトゲートウェイが 192.168.0.1 なら 192.168.0 と変更します。

第 2 段階arp テーブルを表示する

arp -a

以下のように IP アドレス、MAC アドレス、Type が表示される。

192.168.1.1    bc-5c-dc-YY-YY-YY   動的
192.168.1.10 b8-27-eb-YY-YY-YY 動的
192.168.1.100 4f-5c-e2-YY-YY-YY 静的

一応、他の形式の例も挙げておきます。

192.168.1.1    bc:5c:dc:YY:YY:YY   dynamic
192.168.1.10 b8:27:eb:YY:YY:YY dynamic
192.168.1.100 4f:5c:e2:12:65:cd static

「b8:27:eb:~」、または「dc:a6:32:~」や「e4:5f:01:~」や「28:cd:c1:~」から始まっているのが Raspberry Pi の IPアドレスです

Type には下記の2種類があります。

  • 動的/dynamic(動的 IP アドレス。DHCP によって割り当てられた IP アドレス) 
  • 静的/static(固定 IP アドレス。DHCP の影響を受けずに割り当てられた IP アドレス)

MACアドレスの余談(ランダム MAC アドレス)

MACアドレスは、通常、ネットワーク機器で固有の値が割り当てられており、同じアドレスは複数存在しないという特徴を持っている。

ここからが余談なのだが、製品によってはMACアドレスから、おおよその位置情報を把握できることから、コレを特定するとプライバシーの侵害に当たるとする意見が多くある。

このため、iPhone や Android 端末の場合、MACアドレスをランダム化してユーザの追跡を難しくする機能が OS として実装されている。

つまり、移動デバイスについては、固有アドレスが割り当てられているという考え方が、現在は通用しなくなってきている。

また LTE 回線に接続するネットワークカードにも適用されることがあるので、それらの機材には MAC アドレスフィルタリングや認証などを使ったリモート接続ができなくなるなどの不便な点もある。(セキュリティを強化すると運用しづらくなるというトレードオフの典型ですね

ここまではOKだ


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。