Amazon 初売り

« 2万円でお釣りがくる GMKtec の Windows 11 ミニ PC をゲットした! | トップページ | Nreal Air と Nreal Adapter のファームウェアをアップデートのやり方 »

2022.12.19

Windows 11 で日本語109キーボードが、英語102キーボードと認識されてしまったのを解消する方法

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

前の記事「2万円でお釣りがくる GMKtec の Windows 11 ミニ PC をゲットした!」で Windows 11 をセットアップした時に「日本語109キーボード」が、「英語102キーボード」と認識されてしまいました。

英語102キーボードと認識されていたのに気づいたのは、@の入力時です。

日本語109キーボードだと @ をそのまま入力できるんですが、英語102キーボードだと Shift + 2 と入力しないと @ を入力できない

さらに半角 / 全角キーで日本語入力に切り替えれない…

このまま使うには、ウルトラ面倒くさい…

これを解消する方法を書こうと思います。

Windows 11 の日本語 / 英語キーボード切り替え設定

01_20221219233101

スタートメニューを右クリックし、「設定」を選択。

02_20221219233601

左側の「時刻と言語」を選択。

右側の「言語と地域」を選択。

03_20221219234001

「日本語」欄の右側にある「・・・」ボタンを選択し、「言語のオプション」を選択。

04_20221219234401

「キーボードレイアウト」欄の「レイアウトを変更する」を選択。

※画像ではキーボードレイアウトのところが既に「日本語キーボード(106/109キー)」になってますが、これは既に切り替え済みだからです。元々は、ここが「英語キーボード(101/102)」になっていました。

05_20221219235301

日本語キーボード(106/109キー)」を選択します。

切り替えると「OK」ボタンと「今すぐ再起動する」ボタンが有効になります。

切り替えた内容は、PCを再起動したら有効になるので「今すぐ再起動する」を選択します。

これで再起動後は、109キーボードとして動作するようになります。

ここまではOKだ。



ロジクール ワイヤレスキーボード K270 ワイヤレス キーボード 無線 薄型 テンキー USB接続 Unifying


【小型ながらもパワフル】ミニPCにはCeleron J4125プロセッサ(4C/4T、4Mキャッシュ)を搭載し、Windows11がプリインストールされたシステム。バースト周波数2.7GHzと750MHz Intel UHD Graphics 600を組み合わせ、驚異的な応答性を提供し、事務処理、web閲覧、ビデオ会議、動画編集、YOUTUBE動画視聴などを簡単に対応できます。
2022年9月に提供されたWindows 11の最新アップデート「2022 Update」に完全対応。 基本機能からしっかりと網羅しているので、ある程度知っている人だけでなく 1冊ですべての機能を使いこなせるようになりたいというよくばりな人にもおすすめです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。