« toio プログラミングで使う toio コントローラを考えてみた | トップページ | ビジュアルプログラミング toio Do で micro:bit をコントローラとして toio を動かしてみる(その2:toio Do と toio コアキューブの接続。toio コアキューブのアップデートを含む) »

2022.12.28

ビジュアルプログラミング toio Do で micro:bit をコントローラとして toio を動かしてみる(その1:Scratch Link のインストールまで)

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

Toio_microbit

toio プログラミングで使う toio コントローラを考えてみた」で micro:bit をコントローラにしてみることにしました。



本商品は箱なしのmicro:bit V2.2 のボードのみの商品です。ボードの色をご指定いただくことは出来ません。 micro:bit教育財団が micro:bit バージョンアップ版「micro:bit v2」を2020年10月13日発表しました。

ビジュアルプログラミング toio Do を使って行うので、まずは準備編として Scratch Link をインストールするところまで書いていこうと思います。

目次

ビジュアルプログラミングの「toio Do」を使ってみよう!

既に参考記事として「toio™(ロボットトイ | toio(トイオ)) Advent Calendar 2019」の5日目の記事に「toio 放課後のtoioあそび:toioをmicro:bitと連携させてみた」があるのを見つけているので、この記事を参考にしていこと思います。

ところで、toio (トイオ)のプログラミングは、初級、初中級、上級者向けの3段階があります。

  1. 初級向け :GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~
  2. 初中級向け:toio Do を使ったビジュアルプログラミング
  3. 上級向け :公開されている技術仕様をもとに JavaScript や Unity を使ってプログラミング

参考記事のプログラミングが上記の3つのどの層向けかというと、ビジュアルプログラミングアプリの「 toio Do 」を使うので2の初中級者向けのようです。

実は、かげさんが目指しているのは Nreal グラスとの連動を考えて、3の Unity を使ってのプログラミングなんですが、そのうち、初級向けの「GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~」も購入して記事にしようと思っているので、初中級者向けの「 toio Do 」に触れても良いと考えました。

toio Do を使うために必要なもの

ビジュアルプログラミング toio Do のサイト」によると必要なものは下記の通りです。

  • toio コアキューブ
    単体販売されているもの、toio 本体パック、各種 toio バリューパック付属のもの、どれでも OK。
  • Bluetooth 4.0 以上に対応したパソコン
    Windows 10 64bit バージョン1709以上、または、macOS 10.13以上
  • Webブラウザ
    Chrome (ver 63以降), Firefox (ver 57以降), Safari (ver 11以降)またはEdge(ver 15以降)
  • Scratch Link Version1.3.66.0 以上
    v1.3.57 以下の Scratch Link は使用できません。
  • インターネット接続環境
  • toio専用マット
    toio 付属のプレイマットを使えば、toio ならではの座標を使ったプログラミングを楽しむことができます。
    座標を使ったプログラミングをしない場合、toio 専用マットは無くても構いません。

toio Do は、Webブラウザで動くアプリのため、インターネット接続環境が必要になります。

また、toio とパソコンの接続は、Bluetooth 接続になります。省電力で動く Bluetooth Low Energy(通称 BLE)に対応した 4.0 以上に対応したパソコンが必要です。

Scratch Link (スクラッチ リンク)は、Scratch チームが開発した Scratch 3.0 と連携して外部のデバイスの操作を可能にするソフトウェアです。toio Do は、プログラミング言語「Scratch」に対応したビジュアルプログラミングを中心としたサービスなので、Scratch Link と連携する外部デバイスとして toio コアキューブをつなぐのに使われます

実は、Scratch Link がなくても Web Bluetooth を使う方法があります。そちらの詳細を知りたい場合は toio 公式サイトの『「toio Do」ブラウザー版で「Web Bluetooth機能」を使ってキューブと通信する(Scratch Linkを入れずに使う)』を参照してください。(Scratch Link vs Web Bluetooth機能どちらが最適?診断チャート もありますよ)

micro:bit は、どのバージョンも Bluetooth には対応しているので、たぶん、Web Bluetooth でもイケると思うんだけど、かげさんは、深く考えず自動接続できる Scratch Link を使っていくよ。

Bluetooth に対応していないパソコンの場合

ちなみにデスクトップパソコンなど Bluetooth に対応していない場合、「Bluetooth のバージョンを確認したら古かったので新しいアダプタを購入した」にも書いたように USB の Bluetooth アダプタを購入する必要があります。



[特徴]
Bluetooth 4.0対応 ナノサイズのUSBアダプター
[省エネ]
省電力(BLE)技術により、従来より60%の消費電力をカット
[下位互換性]
Bluetooth Ver.4.0/LE対応。
Bluetooth V3.0/2.1/2.0/1.1にも下位互換性あり
[ナノサイズ]
安定的に動作し、とても小型(幅X奥行きX高さ:14.8X6.8X18.9mm)
[プロファイル]
AVRCP/A2DP/BIP/BPP/DI/DUN/FTP/GAVDP/HFP/HCRP/HSP/HID/
GATT/OPP/PAN/PXP/ScPP/SYNC/VDP/HOGP

かげさんは、急ぎで欲しかったのでヨドバシで上記の 4.0 のアダプタを購入しましたが、今だと、Windows ならコッチの Bluetooth 5.0 に対応したものの方が良いかもしれない。



[特徴] Bluetooth 5.0対応 アダプター UB5A
[持ち運び便利な小さいサイズ] 14.8 × 6.8 × 18.9 mm
[ナノサイズ] 高性能ながら、持ち運びに便利な超小型サイズを実現しました。
[対応OS] Windows 11/10/8.1/7に対応しています。

プレイマットについて

「toio Do」対応マット一覧によると、toio(トイオ)コアキューブ本体付属の「簡易プレイマット」 以外で「個人で揃えられる他のプレイマット」としては、以下のものがある。(個人で揃えられると書いたのは、法人向けのもあったからだ)

トイオ・コレクション」と「工作生物 ケズンロイド」は、toio の専用カートリッジのソフトのタイトルだ。

プレイマットには、プリンタで印刷することもできる。製品のような「見映えの良いプレイマット」にすることもできるわけだ。

ただし、かげさんのように A4 しか印刷できないプリンタだと A3 サイズのプレイマットの印刷はできないので注意しよう!

ちなみにスイッチサイエンスの A4 のものは、裏表2枚つなげることでA3サイズ簡易マットと同じプレイエリア(座標)が拾えます。

印刷できなくても「ペイントマーカー」的なものを使えば、絵を描くことはできるらしいです。

なお、印刷や絵を描くときは、黒のインクを使わないこと。

プリンタの場合、黒インクを使わない設定(EPSON「カラーインクで黒を表現する」、CANON「ブラックを合成する(応急モード)」等)を行う必要があります。

これは toio (トイオ)の「プレイマットの認識にかかわること」なので注意しよう。

Scratch Link のインストール

toio Do が対応しているバージョンをインストールした方が良いので toio 公式の「ビジュアルプログラミングとは」のページに移動します。

Toiodo01

スクロールして下の方に行くと「はじめかた」のところに「1. ソフトウェアをインストール」があります。

Toiodo02

かげさんの場合、Windows なので直接ダウンロードの水色の「 Windows 」ボタンをクリックして Scratch Link をダウンロードします。

展開すると Windows インストーラがある(例:ScratchLinkSetup.msi )ので起動してインストールします。

Toiodo03

Next」ボタンを選択。

Toiodo04

この画面でしばらくまっていると、「ユーザ アカウント制御」の画面が表示されます。(Windows 10 まではこの画面スクリーンショットが撮れたのにWindows 11だとスクリーンショットが撮れないのね)

インストールしたいので「はい」を選択。

Toiodo06

Scratch Link をすぐに起動したいので「Launch Scratch Link」にチェックをつけて「Finish」ボタンを選択。

初回起動時は、ファイアウォールの設定画面が表示されます。

Toiodo07

アクセス許可する場合は、上のように「プライベートネットワーク(ホームネットワークや社内ネットワークなど)」にチェックを入れて「アクセスを許可する」ボタンを選択。

Toiodo08

Scratch Link が起動するとタスクバーに「緑背景にS」のアイコンが表示されます。

ビジュアルプログラミング toio Do で micro:bit をコントローラとして toio を動かしてみる(その2:toio Do と toio コアキューブの接続。toio コアキューブのアップデートを含む) 」へ続く。

ここまではOKだ



toio ( トイオ ) 「つくって、あそんで、ひらめいて」 ロボットトイ 小さなキューブ型ロボット 一人でもみんなでも 手を動かして遊ぶ 創意工夫を引き出す プログラミング 絶対位置検出/6軸検出システム


今回のtoio新タイトルは「ボードゲーム」! 怪盗団になって、キューブの力で動き出す美術館の番人を相手にお宝を盗み出そう! 初めての人にも安心の、「はじめてあそぶモード」や、「ひとりであそぶモード」、最大4人までワイワイあそべる「みんなであそぶモード」を搭載!


こちらは基盤のみの商品です※element14製のマイクロビットはバージョン名が変更になってます。スペックも使用方法も従来モデルMicro bit V2と同じです(コロナ影響部品供給不足により構成部品の1つのICが変更になりバージョン名も変更となりました)
micro:bit v2.21 マイクロビットバージョンアップ版!(基盤本体のみ )


本商品は箱なしのmicro:bit V2.2 のボードのみの商品です。ボードの色をご指定いただくことは出来ません。 micro:bit教育財団が micro:bit バージョンアップ版「micro:bit v2」を2020年10月13日発表しました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。