Amazon 初売り

« 「楽天Pay」と「楽天Edy」、この2つに関連する楽天サービスを図解してみた | トップページ | ★祝!ブログ開設19周年!★ »

2023.08.18

Kindle本の購入時、分りにくいけどAmazonポイントとギフトカードの併用ができていたみたい

| |コメント (0)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、かげさんです(^^)/
あなたがこの記事を読んでいるのは何回目でしょうか?
初めての方、いらっしゃい!
複数回目の方、再訪問ありがとです(・∀・)

あなたは、Amazon の Kindle 本の購入時に Amazon ポイントと Amazon ギフトカードの併用したいのに、それの指定ができないように見えるんだけど…。

というのを体験したことがありますか?

実際、そのような状況になったので確認してみたところ、Amazonポイントとギフトカードの併用ができていたことが分かりました。

もう1つ分かったこととしては、AmazonギフトカードよりもAmazonポイントの使用が優先されるみたいですね。

では、具体的例を挙げて説明していきましょう。

目次

支払い履歴を見て分かったAmazonギフトカードとAmazonポイントの併用

このようにギフトカードの残高がある。

Amazongiftpoint

なのにAmazonポイントの使用だけが適用されてギフトカードの併用ができないように見えた

Usepointonly

Amazonポイントで足りない2円分をギフトカードから支払いたかったんだが、そもそもギフトカードと併用するための支払いオプションが表示されない…(´・ω・`)

仕方がないので、そのまま購入して支払履歴を確認してみたら、こうなってた。

W_use

明瞭会計じゃないから、ちょっとモヤモヤしたんだけど、どうやら指定ができないだけで、ちゃんと併用はされてたみたいで安心した。

というのも、かげさんの場合、Amazonアソシエイトやポイ活でトリマやタウンWi-Fi、Zittleを使っていてAmazonギフト券をゲットする機会が多いので、併用できるかは結構重要なんですよね。

「レジに進む」ボタンがあれば、最初から確認できたんだがなぁ・・・(´・ω・`)

AmazonギフトカードとAmazonポイントの使用の優先順位

AmazonギフトカードよりもAmazonポイントの使用が優先されるみたいですね。

W_use

ギフトカードの30ポイントが先に引かれてポイントが引かれるのではなく、Amazonポイントが全額引かれた後の差分がAmazonギフトカードから引かれているんで。

ちなみに今回購入しようとした本は▼コチラです。期間限定の「半額セール」をしてました。



「Python2年生」シリーズは、「Python1年生」を読み終えた方を対象とした入門書です。

 

【ターゲット】
・ネット上からデータ収集を行う初心者
・データ分析の手前の初心者

ここまではOKだ


 このエントリーをはてなブックマークに追加

| |コメント (0)

このエントリーへのリンク

このエントリーのリンクを入れるHTML:

コメント

このブログの新着コメントをRSSリーダに登録する為のxml




←名前とメールアドレスは必須です。
URLも記入すれば、URLのみが公開されます。
メールアドレスのみですと、メールアドレスが公開されてしまいますので、御注意ください。

↓コメント本文では、「a href」「b」「i」「br/」「p」「strong」「em」「ul」「ol」「li」「blockquote」「pre」のタグが使えます。絵文字をクリックすると、本文にタグを挿入できます。